2018年03月31日

大阪杯〜〜息の長い末脚で大金星へ!

サトノダイヤモンド スワーヴリチャード アルアイン の
3強様相のこの舞台。

まずは、サトノダイヤモンド に関しては、前走の内容をどう見るか?
直線追い出されてからの反応が鈍く、差し遅れた。
しかし、エンジンがかかってからの末脚は鋭いもので今回の舞台への
布石としては十分にも思えるが、その鈍さが解消されているかは微妙。
最大の目標は、凱旋門賞らしいが、適性に関しては、宝塚の方が
高い様に思う。
スワーヴリチャード は前走はスローを2番手から抜け出した完勝の内容。
今回もややスローになりそうではあるが、外枠から上手く流れに乗れるかが
ポイントになる様に思う。
敢えて言えば右回りは一抹の不安もあるが、然程大きな減点とは思えない。
アルアイン はこの舞台に関しては最も適性がある1頭。
しかし、勝ち切れない部分も大きく、何馬かには先着を許しそうだ。

展開では上記に挙げた様にスローでも、好位や先行勢も多く、
金鯱賞の様な単純なスローにはならず、後半は持久力勝負になるだろう。
極端な後方では難しいが差しが決まる展開にも考える。

本命は、ミッキースワロー
前走はスローな展開での位置取りが総て。
かなり長く良い脚を使って追い上げたが、楽をさせたダンビュライトには
届かなかった。
それでも息の長い末脚は魅力で、昨年のセントライト記念での豪脚は
今での印象に強く残っている。前走を見る限り、その末脚は健在で、
持続力勝負になれば、この馬の右に出る馬はいない。

対抗には、上記に挙げた適性最右翼の アルアイン
そして、サトノダイヤモンド へと続く。

人気勢も切り捨てるまでには至らないが、数字以下の評価に留めたい。

それよりも評価を上げたいのが トリオンフ
人気上位勢との実績比べになれば一枚落ちな上、急坂コースでの実績も
無いに等しいが、好位から繰り出せる末脚は魅力。
金星の可能性も秘めている1頭。

面白いところでは、ダンビュライト はどうだろう。
前走は自身のレースが完璧に出来た内容の上、鞍上弱化も加味して、
あれ以上となると疑問はあるが、展開に左右されない強味と、
立ち回りの上手さを生かせれば、馬券対象内への期待は膨らむ。

◎ミッキースワロー
〇アルアイン
▲サトノダイヤモンド
注スワーヴリチャード
△トリオンフ
☆ダンビュライト


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:06| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

ダービー卿CT

先週は、高松宮記念の ◎ナックビーナス を含め、高配も絡み、
よく的中した久々の週でした。
馬券を連続的に当てる事は難しい事ですが、今週も思い切った予想を。

中心になるのは、レッドアンシェル になるだろうが、確たるとまでは
言い難い存在。
他人気勢も数字程の信用は置けず、伏兵勢にも大いにチャンスはある。

本命は、迷いに迷ったが、テオドール に期待したい。
これまでの実績からすれば、もう少し距離があった方が良い印象からか、
全く人気になっていないが、実は一番綺麗に勝利したのが、未勝利戦での
中山のマイルのレースだった。
久々にこの距離に戻り、本当の適正が明確になるレースになるだろう。
真の姿に期待したい。

◎テオドール
〇レッドアンシェル
注マルターズアポジー
☆ゴールドサーベラス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:48| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

高松宮記念 & マーチS

時間が無いので、簡潔に。

まずは   「マーチS」

◎センチュリオン
〇ディアデルレイ
▲ハイランドピーク



      「高松宮記念」

先行勢が揃ってはいるものの、平均ペースだと踏んでいるので、
極端な有利不利は無いとみる。
人気を集めるレッドファルクス はここまで信用出来るかは疑問。
好位からの差し馬に期待を込めて、ナックビーナス が本命。
昨年の同レースは大外枠から進出も溜がきかず外々を回る
ロスの多い内容。
それでもあの着差なら好枠に入った今回は狙ってみたい。

◎ナックビーナス
〇レッツゴードンキ
▲レーヌミノル


ふと思えば、牝馬3頭での勝負・・・大丈夫か??(笑)

馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:19| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

日経賞 & 毎日杯

今週は、「高松宮記念」 がありますが、まずは土曜メインから。

     「毎日杯」

着差以上の内容を感じさせる、ギベオン が本命。
新馬戦から能力の高さを感じた1頭で、先の大一番でも期待したい。
惑星候補では、ノストラダムス が面白い。
距離短縮に対応出来るかがカギだが、上位勢ともヒケを取らない。

◎ギベオン
〇ブラストワンピース
☆ノストラダムス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 ワイド


       「日経賞」

ロードヴァンドールが主導権を握りそうも、平均よりも
ややスローになりそうな面子構成。
隊列もバラけた展開になりそうで、道中のロスも少なく進む。

本命は、ガンコ
ダートから芝の中距離に転向してからは充実した成績。
着順だけでなく、内容も評価でき、簡単にはバテない先行力も魅力。
今の充実度なら実績上位馬も脅かす存在とみて間違いない。

相手候補には、主導権を握る ロードヴァンドール
自身のペースで運べそうでそれなら粘り込みも。

人気勢もそれなりだが、どれも確かでは無い。
中でも キセキ はコースへの対応がポイント。

惑星候補では、ソールインパクト と チェスナットコート
特に前者は実績に対して、かなりの過小評価。

◎ガンコ
〇ロードヴァンドール
▲トーセンバジル
注キセキ
☆ソールインパクト
☆チェスナットコート


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 00:12| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

阪神大賞典 & スプリングS

土曜競馬は、フラワーカップは外したものの、◎ダブルシャープ
そして、◎アサクサゲンキ と高配交じりの配当を運んでくれ、
潤った馬券になりました。
引き続き、日曜も思い切った馬券を。

まずは、  「阪神大賞典」  から

菊花賞2着から京都記念を制したクリンチャー が
圧倒的人気を集める様相。
結果だけをみればそれ相応にも映るが、ただこの馬の好走に関すれば、
馬場悪化でのケースが多いのは周知のものだが、自身で競馬が作れず、
主役を張る程の信頼感は無い。
ただ、今年の面子レベル自体が低いのも人気に拍車がかかっている分
仕方のない事なのだろう。

このレース自体スローで流れるものの、持続力が問われるもので、
一言で言えば誤魔化しがきかないレース。
これまで圧倒的存在を誇ってきた名馬以外の伏兵で好走しているのは、
この舞台適正に合う馬が該当する。
だからこそ、ここは思い切ってギャンブルの醍醐味を味わいたい。

本命は、シホウ
近走は全く結果が出ていないが、それはこの馬の適正舞台では無い
条件でのもの。
阪神での中長距離レースではレコードを含めて堅実な結果を残している。
前々で運べる強味もあり、テン乗りの小牧騎手にも期待したい。
完全たる主役不在の今年の面子なら出番はあるのではないか。

◎シホウ
〇クリンチャー
▲サトノクロニクル
注レインボーライン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


      
        「スプリングS」

主導権を握るのは、エポカドーロ になるだろう。
センスある逃げ馬だけにそう簡単には崩れない。
それでも、何馬かには差されそうな感で、その何馬かを探す。

本命は、ハッピーグリン
まだまだコントロールに難しい面はあるが、能力は面子中でも
上位なのは間違いはない。
今回、エポカドーロ の逃げにどう対応していくかが課題だが、
こういうタイプの展開はむしろ好転材料にならないだろうか。
ある程度バラける展開になりそうなだけにロスも少なく、
この馬の能力を発揮出来る舞台になるとみる。

相手候補には、その主導権を握れる エポカドーロ

ステルヴィオ も普通に走れば圏内。

取捨に迷うのが ルーカス
能力は認めてもコントロール出来るまでの成長があるか?
成長次第では突き抜けても不思議はない。

距離適性から、ゴーフォザサミット も圏内までには。

◎ハッピーグリン
〇エポカドーロ
▲ステルヴィオ
注ルーカス
△ゴーフォザサミット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:26| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする