2018年02月10日

京都記念 & 共同通信杯

まずは   「共同通信杯」 から

グレイル が圧倒的人気を集めている。
確かに、現時点ではこの世代ではトップクラスでG1でも注目の1頭。
ただ、ここは先々の大一番を見据えて左回りへの試走の様な気もする。
この距離自体も疑ってみるべきで、この人気でわざわざ買う必要は無い。
連下候補辺りで留めておく。

本命は、ホープフルS同様に、ステイフーリッシュ 
予測通り、なかなか力があるというところは証明された。
2頭には力負けにも映ったが、最終コーナーを終えた時、
やや置かれる面も感じた事から、もしかしたら左回りの方が
得意なのかもしれない。
瞬発力もある馬で、直線の長い府中で改めての底力をみたい。

相手候補には伏兵の出番も有りとみる。
アメリカンワールド はレースごとの成長力が凄い。
初の左回りがどうかだが、おそらく問題ないハズだ。

グレイルは今回は上記の通り。積極的には買いたくない。

面白いところでは、ブラゾンダムール
前走は右回りだけが敗因ではないかもしれないが、新馬戦での内容は
高い評価を与えたい。そのコースに戻るのも確実な好転材料。

◎ステイフーリッシュ
〇アメリカンワールド
☆ブラゾンダムール
注グレイル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド 
☆ブラゾンダムール の複勝も。


      「京都記念」

G1レースにも劣らない豪華な面子構成。
それでも、番手だろうが、主導権を握れそうな、クロコスミア 本命。
少し馬場の渋りが残るのもこの馬にとっては向く。
最後まで楽しませて欲しい。

◎クロコスミア
〇クリンチャー
▲モズカッチャン
注レイデェオロ


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:20| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洛陽S & 琵琶湖特別

簡潔に。

     「洛陽S」

マイルにこそ実績は無いものの、雨による渋った馬場になるなら、
カワキタエンカ が中心とみて良いのではないか。
これまで常に 高く評価し続けてきた当馬。
ローズSでも言った様に、マイルの桜花賞では、外々で大きなロスを
抱えながら、僅差にまで持ち込んだ底力は脅威。
ヴィクトリアマイルでも重要な存在になるとみる。

◎カワキタエンカ
〇アメリカズカップ
▲ムーンクエイク



      「琵琶湖特別」

ヒシマサルの名前に懐かしさを覚えるファンも多くいるのでは?
当時のヒシマサル はなかなかズブい馬で、追い通しの競馬ばかりの記憶が。
約半年振りなので、とりあえず、3着以内なら・・・・・という事で。

◎ヒシマサル

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:24| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする