2018年02月17日

フェブラリーS & 小倉大賞典 & オリンピック

昨日も話題になりましたが、今日も圧巻の演技で、羽生選手が金メダル。
そして、宇野選手の銀メダルと世界の舞台で日本選手が上位独占した結果は
嬉しいものです。
羽生選手が登場するだけで、会場の空気が全く別物に変えてしまう程の存在感。
まさに真の王者でした。あの怪我でよくぞあそこまでと思います。
宇野選手の、「最初転倒した時にはもう頑張ろうと笑えた。」
と後のインタビューで言ってましたが、宇野選手らしいセリフでした。
素晴らしい感動を与えてくれました。そして、お疲れ様でした。
とにかく、しばらくはゆっくり休んで欲しいものです。

さて、本題の競馬へ。

まずは    「小倉大賞典」

ダノンメジャー が本命。
昨年の同レースでは11着と惨敗も、道中は力んでの追走でおつりが無かった。
昨年以上に力を付けている今なら、この相手では上位。

面白いところでは、マサハヤドリーム ではどうだろう。
実績からすれば格下感は否めないが、相性の良いコースと、
鞍上強化で上位を狙える。

ここら辺りから狙ってみたい。


       「フェブラリーS」

先行力ある、テイエムジンソクが主導権を握りそうだが、前走よりも、
自身のペースで運べそうで、そうなればこの馬中心とみて良いのではないか。
ただ全体的に飽和感のある様な面子構成で、G1レースにしては、
やや物足りない感があるのは、私だけだろうか?
ここは一発まさに博打を打ってみたい。

本命は、レッツゴードンキ
ダートのキャリアは僅か地方で2着の1戦のみなので、低評価は仕方なし。
しかし、これまで見せつけたパワーある競馬内容に、先行力の上にある
渋太さは、ダートでの適正もあるハズだと思っている。
そういう自身の強味を生かせる展開を作れるなら、ここでも勝ち負けは出来る。
人気の無い今回は思い切って狙ってみて楽しんでみたい。

◎レッツゴードンキ
〇テイエムジンソク
▲ゴールドドリーム
☆インカンテーション
注ケイティブレイブ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:30| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイヤモンドS & 京都牝馬S & オリンピック

平昌オリンピックもまだ金メダルは無いものの、盛り上がっています。
高梨選手の4年越しのメダルもそうですが、今日の羽生選手も見事な演技でした。
移動中わざわざコンビニの駐車場に車を停めて車内テレビで観てました。
羽生選手は、調子が悪くても、言葉に出さない様に思えていたので、
始まる前は不安がありましたが、全く杞憂に終わりましたね。
まだフリーが残ってますが、精神面、そして技術的な強さ、微量でも
見習いたいものです。

さて、今週は、今年最初のG1レースの「フェブラリーS」 がありますが、
まずは、土曜競馬の2つ。

     「京都牝馬S」

ここは、前が激しくなりそうで、ハイペース濃厚な面子構成。
差しの決まる競馬になるとみる。

ミスパンテール が本命。
テンションの高さはやや気になるが、外にも前に行きそうな馬が多いだけに、
折り合い面では心配無さそう。
平均以下のペースで流れるなら手を出し難いが、展開から考えれば、
底力ある当馬に向くレースになるのではないか。

◎ミスパンテール
〇デアレガーロ
▲ミスエルテ
☆エンジェルフェイス


馬券は、3連複 及び ワイド


      「ダイヤモンドS」

なかなか掴み難い面子構成だが、面白いレースになりそう。

自在性と応用性ある、リッチーリッチー に期待したい。
パワーを要する今の馬場も合っており、チャンスとみた。

◎リッチーリッチー
〇レジェントセラー
▲リッジマン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び3連複 ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 00:45| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

デイリー杯クイーンC

日曜競馬も散々の結果。
今週は月曜開催、ここで一矢報いたい。

上位人気勢も確たる信用までは置き難い。
また、確たる逃げ馬不在で展開も読み難いが、単純にスローと決め込むのは、
やや危険な感じもある。
ここは、素直にこの面子中で強いと思う馬を上位に挙げたい。

本命は、レッドベルローズ に期待したい。
前走は発馬でダッシュがつかず、後方からの競馬で、特に前半は、
自身の競馬が出来ない展開だったが、3コーナー手前から長い脚を使い、
僅差の勝負まで持ち込めた。
前走の鞍上が言う様に、小回りコースよりも広いコースが向くのは
走法からみても可能性は高い。
新馬戦で勝った広い舞台に戻るのが好材料とすれば、前走以上の
パフォーマンスが期待出来る。

相手候補には、アルーシャ を抜擢。
この馬も発馬で後手を踏み、ロスがありながらも勝ち切った内容は濃い。
この馬も広いコース向きと思えるだけに、侮れない存在だろう。

他では、人気勢の中では、マウレア が筆頭格か。

前走予想時から高い評価を打った、ツヅミモン まで。

◎レッドベルローズ
〇アルーシャ
▲マウレア
注ツヅミモン


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎ 中心の 3連複 及び ワイドv

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:11| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

京都記念 & 共同通信杯

まずは   「共同通信杯」 から

グレイル が圧倒的人気を集めている。
確かに、現時点ではこの世代ではトップクラスでG1でも注目の1頭。
ただ、ここは先々の大一番を見据えて左回りへの試走の様な気もする。
この距離自体も疑ってみるべきで、この人気でわざわざ買う必要は無い。
連下候補辺りで留めておく。

本命は、ホープフルS同様に、ステイフーリッシュ 
予測通り、なかなか力があるというところは証明された。
2頭には力負けにも映ったが、最終コーナーを終えた時、
やや置かれる面も感じた事から、もしかしたら左回りの方が
得意なのかもしれない。
瞬発力もある馬で、直線の長い府中で改めての底力をみたい。

相手候補には伏兵の出番も有りとみる。
アメリカンワールド はレースごとの成長力が凄い。
初の左回りがどうかだが、おそらく問題ないハズだ。

グレイルは今回は上記の通り。積極的には買いたくない。

面白いところでは、ブラゾンダムール
前走は右回りだけが敗因ではないかもしれないが、新馬戦での内容は
高い評価を与えたい。そのコースに戻るのも確実な好転材料。

◎ステイフーリッシュ
〇アメリカンワールド
☆ブラゾンダムール
注グレイル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド 
☆ブラゾンダムール の複勝も。


      「京都記念」

G1レースにも劣らない豪華な面子構成。
それでも、番手だろうが、主導権を握れそうな、クロコスミア 本命。
少し馬場の渋りが残るのもこの馬にとっては向く。
最後まで楽しませて欲しい。

◎クロコスミア
〇クリンチャー
▲モズカッチャン
注レイデェオロ


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:20| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洛陽S & 琵琶湖特別

簡潔に。

     「洛陽S」

マイルにこそ実績は無いものの、雨による渋った馬場になるなら、
カワキタエンカ が中心とみて良いのではないか。
これまで常に 高く評価し続けてきた当馬。
ローズSでも言った様に、マイルの桜花賞では、外々で大きなロスを
抱えながら、僅差にまで持ち込んだ底力は脅威。
ヴィクトリアマイルでも重要な存在になるとみる。

◎カワキタエンカ
〇アメリカズカップ
▲ムーンクエイク



      「琵琶湖特別」

ヒシマサルの名前に懐かしさを覚えるファンも多くいるのでは?
当時のヒシマサル はなかなかズブい馬で、追い通しの競馬ばかりの記憶が。
約半年振りなので、とりあえず、3着以内なら・・・・・という事で。

◎ヒシマサル

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:24| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする