2018年01月12日

愛知杯

オッズも割れている様に、難解な牝馬限定戦。
展開としては、先行勢と後方組と完全に分かれてしまいそうな
面子構成で、その中でも動きがあり、スンナリとは隊列が決まらないかもしれない。
条件戦までしか勝ち鞍の無い馬が人気になったりと、一筋縄では納まりそうもない。

人気を集める 昨年の覇者 マキシマムドバリ も当然有力だが、近走では
勝ち切れないのも事実。何者かには先着を許しそうでならない。

本命は、ワンブレイズアウェイ
前々走は休み明けで大幅な馬体増で、前走は出遅れた上に、直線は横一線の
後ろで進路を取れなかったのと、敗因は明白。
能力は上位のものを秘めており、スムーズなら巻き返してくれないか。

◎ワンブレイズアウェイ
〇マキシマムドバリ
▲キンショウユキヒメ
☆ゲッカコウ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:25| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする