2018年01月27日

ッシルクロードS & 根岸S

明日も仕事なので、やや簡潔に。

まずは   「シルクロードS」  から。

平均よりもやや速いペースで流れそうな面子構成。
ただし、だからと言って、後方待機組が有利とも一概には言えない。
ある程度の位置取りは必要になってくるレース。

本命は、グレイトチャーター
自在性もあり、立ち回りの上手さも兼ね備えているタイプ。
前走はやや馬体増な感じもあり、前に楽をさせ過ぎたのも敗因。
それでも僅差まで差してきたのは収穫。
中1週で出てくるのも好調の証と捉えたい。

人気処はあまり信用するには心許なく、思い切って人気薄で。
セカンドテーブル も有力候補に。
骨折明けとはいえ軽度なもの、じっくり乗り込んでおり、
心配は杞憂に終わるかもしれない。

最内枠を上手く生かせれば、ファインニードル も有力。

距離短縮はおそらく好転材料と決め込んで、カラクレナイ

最大の惑星は、フミノムーン
この馬にとってはベストの好転舞台で、この設定なら差の無い競馬が出来る。

◎グレイトチャーター
〇セカンドテーブル
▲ファインニードル
注カラクレナイ
☆フミノムーン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


       「根岸ステークス」

ここは、初志貫徹、ブルドックボス が本命。
小頭数な上、馬場も読み難くむしろ外枠が良いかもしれない。
距離短縮は確実な好転材料で、ここは勝ち負け必至だろう。

◎ブルドックボス
〇カフジテイク
▲サンライズノヴァ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:28| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

AJC杯 & 東海S

まずは、   「AJC杯」  から

人気を集める、ミッキースワロー に ゴールドアクター
7歳とあり7か月の休養明けの上、一頓挫ありとなれば、得意コース
鉄砲が利くといえど、かなり厳しいと思うのが定石。
同じ休養明けでも、順調にきている、ミッキースワローの方が上とみて良い
ただし久々という事で、レース感での疑問は拭えない事からも、盤石とは言い難い。
展開的には、スローで流れそうで、小頭数
どの馬にもチャンスがある。

本命は、トーセンビクトリー を抜擢したい。
前走の有馬記念は直線で不利を受けてからは全くレースに参加しておらず、
ダメージもほとんど無い。不利が無くとも勝ち明けまでにはならなかったが、
この馬らしいレース運びだった。
勝ち運からは遠ざかっているが、その分どんなレースでも対応出来る器用さもある。
持ち味の持続力が生かせる舞台の上、有力馬が完璧でないとすれば、
この馬の出番は充分にある。

◎トーセンビクトリー
〇ミッキースワロー
▲レジェントセラー
注ダンビュライト
△ゴールドアクター


馬券は ◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


       「東海ステークス」

圧倒的人気を集める、テイエムジンソクが中心という見解は崩れない。
別定戦となれば尚更。
それを承知の上で、この舞台得意な、ドラゴンバローズ が本命。
主戦である、和田騎手に戻った事も好材料になる。

人気勢での決着が濃厚とも考えられるが、惑星候補を挙げるなら、
距離に不安はあるものの、タガノエスプレッソ。
前が激しくなる様であれば、紛れ込む余地も。

◎ドラゴンバローズ
〇テイエムジンソク
▲ディアデルレイ
☆タガノスプレッソ


馬券は ◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 08:39| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

アレキサンドライトS

簡潔に。

本命は、パルトネルラーフ
前走の惨敗は不可解ながらも、同舞台で行われた4走前のレースでは
強豪相手に、強い内容で競り勝った内容を高く評価。
この面子レベルなら、勝ち負け出来る。
その前走の惨敗により人気が落ちているのも魅力。

◎パルトネルラーフ
〇フェニックスマーク


馬券は、◎ 単 ・ 複
ワイド1点での勝負。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:07| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

京成杯 & 日経新春杯

昨夜予想するつもりが、あっという間に熟睡してしまい、
また今日も仕事だったので今に至ります。なので簡潔に。

まずは   「日経新春杯」

◎ソールインパクト
〇モンドインテロ


この2頭を中心に。

      「京成杯」

現時点では今年のクラシックに直接関わる様な面子が不在な感の面子構成。
展開ひとつで、着順は入れ替わるレベルだけに、逆に言うなら極端な波乱は
あまり期待出来ないかもしれない。

本命は、ダブルシャープ
朝日杯でも惑星候補に挙げた1頭で、豪快な走りが魅力。
その朝日杯では力関係以上に自身の競馬が出来なかったのが敗因。
距離もやや短過ぎた印象もあった。
距離延長は好転材料で、一息入るこの距離なら当馬の豪快な走りが
生きてくる。

面白いところでは、捲りが利きそうな、ロジティナ は侮れない。

◎ダブルシャープ
〇コズミックフォース
▲ジェネラーレウーノ
☆ロジティナ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は デルタバローズ

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:59| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

愛知杯

オッズも割れている様に、難解な牝馬限定戦。
展開としては、先行勢と後方組と完全に分かれてしまいそうな
面子構成で、その中でも動きがあり、スンナリとは隊列が決まらないかもしれない。
条件戦までしか勝ち鞍の無い馬が人気になったりと、一筋縄では納まりそうもない。

人気を集める 昨年の覇者 マキシマムドバリ も当然有力だが、近走では
勝ち切れないのも事実。何者かには先着を許しそうでならない。

本命は、ワンブレイズアウェイ
前々走は休み明けで大幅な馬体増で、前走は出遅れた上に、直線は横一線の
後ろで進路を取れなかったのと、敗因は明白。
能力は上位のものを秘めており、スムーズなら巻き返してくれないか。

◎ワンブレイズアウェイ
〇マキシマムドバリ
▲キンショウユキヒメ
☆ゲッカコウ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:25| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする