2017年11月19日

マイルチャンピオンシップ

大きな契約の事も含めて、時間が取れず土曜競馬は不参加。
まだ思う様に時間が取れないので、やや簡潔に。

確たる主役不在で、どの馬をとっても、勝ち切るイメージが沸かない。
こういうケースでは案外人気通りで決まる事も多いが、ここは一波乱有りとみる。
ポイントは展開で、マルターズアポジーが主導権を握りそう。
外にウインガニオンも居るが、然程ペースは上がらないと予測する。
天候は回復するとはいえ、馬場コンディションの回復までは至らず、
切れ味勝負というよりも、持続力勝負になりそうな感。

本命は、ヤングマンパワー
G1レースは2度の参戦があるものの、どれも惨敗だからかこの人気。
昨年は3連勝からの挑戦も、ペースについていけず中途半端なままで
全く競馬にならなかった。
今年の安田記念は、大外枠から前半で脚を使った事と、切れ味勝負に
なってしまい、ここも惨敗。
しかし、2戦共に上記の通り、敗因は明らかで大舞台では力不足と
決め込むのはやや早計ではないか。
上記の挙げた展開なら、自身のペースでの競馬が出来る確率はかなり高い。
実際、自身の形さえ出来れば、今回人気を集める、イスラボニータや、
エアスピネル とも僅差の競馬が出来る力は持っている。
持続力はこの面子でも上位で、逃げるマルターズアポジーを射程圏内に
見据え、直線早目の抜け出しのシーンがあれば勝機も充分にある。

相手筆頭格には、ここ1本に目標を絞った感のある、イスラボニータ

他人気処もある程度おさえるが、少額程度。

伏兵陣もなかなか面白い面子が揃った。
まずは、主導権を握りそうな マルターズアポジー
マイルがベストでは無いが、今回に限っては舞台設定が合いそう。
桜花賞馬、レーヌミノル も距離短縮で復活を狙っているだろう。

中でも最大の惑星は、春のきさらぎ賞で◎を打った アメリカズカップ
道悪巧者もあるが、これも自身のペースで競馬が出来れば侮れない。
調教映像を観ても、派手さは無いが、しっかりとした脚どりで坂路を
駆け上がった姿は、先週の、クロコスミアを彷彿させる。

◎ヤングマンパワー
〇イスラボニータ
▲マルターズアポジー
注エアスピネル
△レッドファルクス
☆レーヌミノル
☆アメリカズカップ


◎ 単 ・ 複  3連複 及び ワイド
☆アメリカズカップ の複勝も。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 00:11| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする