2017年11月25日

ジャパンC。ダービー馬の復活への激走! & 京阪杯

まずは   「京阪杯」 から・

ここは簡潔に中心馬のみで。

◎ヒルノデイバロー


      「ジャパンカップ」

豪華メンバーが揃った今年のレース。
その中でも人気を集めるのは、キタサンブラック。
前走の天皇賞は、出遅れながら経済コースを上手く進み、直線では
早々に先頭に立つという横綱相撲。
巷では、道悪馬場での疲労よりも1回使った上積みの方が大きいという
声も聞こえはするが、果たしてどうだろう。
直線は、サトノクラウンとの叩き合いで、直線ややヨレたのか、
馬場を選んだのか不明だが、消耗は激しかったとみている。
ここは疑ってかかった方が良いと決め込んでみよう。
秋天皇賞での激走組は、やや疑ってかかりたい。

ポイントは展開で、もしかしたら逃げそうな、ギニョールだが、
然程テンのスピードが速い訳でもなく、陣営からも積極的な声も
聞かれない為、スルーしても良さそう。
むしろ主導権があるなら、前のキタサンブラックよりも、
真っ向勝負を挑んでくるだろう、レイデオロの出方次第か。
この馬が、キタサンブラックをマークし、早目進出してくるなら、
他、実績ある先行勢も存在するので、消耗戦になると思われる。

本命は、昨年のダービー馬 マカヒキ に期待したい。
凱旋門賞での惨敗から、結果が出ず色褪せた感もありそうに見えるが、
近走勝ち星からは遠ざかっているものの、見せ場は作っている。
春の大阪杯でも、よく追い詰めているし、他レースからも、
この馬らしさはまだまだ健在とみて良い。
調教映像でも、しっかりと坂路の真ん中を駆け上がってくる姿は、
好調の頃の姿を思い出させるものだった。
上記に挙げた展開なら、この馬にとってはまさに、僥倖に値する。
ダービー馬復活の舞台は整ったと言え様。

相手候補には、今年のダービー馬、レイデオロ
3歳勢が夏から秋にかけて古馬戦線を賑わしている様に、
この馬のレベルもそれに違わぬものだといえる。
一騎打ちに持ち込めば、この馬自身も力尽きる可能性も
無くはないが、ここ1本に目標を置いたローテは好感。
力を出し切れば、打倒キタサンも可能性は充分にある。

他では、巻き返しの可能性のある、ソウルスターリング
厳しい戦いにはなるだろうが、馬場回復でもう1度。

キタサンブラック と サトノクラウン はこの評価。

シュヴァルグラン にとって、好舞台になりそうな感もあるが、
最内枠がどうか?発馬は上手い方では無いので、位置取りに
不安が先行する。しかし、ゆったりしたローテは好感が持て、
一番力の出せる叩き2戦目という事で一枚。

人気薄勢から面白いところでは。サウンズオブアーズ
前走直線で全く見せ場無く惨敗した事は調整云々よりも、
やや進路が狭くなる不利があった様にもみえる。
今回はある程度前々の競馬をしてきそうで、田辺騎手への
交代も、不安どころか、好転材料ではないか。

シャケトラ も侮れない。
距離延長は歓迎で、消耗戦になれば、浮上する可能性も捨て切れない。

◎マカヒキ
〇レイデオロ
▲ソウルスターリング
注キタサンブラック
△サトノクラウン
△シュヴァルグラン
☆サウンズオブアーズ
☆シャケトラ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 20:11| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

マイルチャンピオンシップ

大きな契約の事も含めて、時間が取れず土曜競馬は不参加。
まだ思う様に時間が取れないので、やや簡潔に。

確たる主役不在で、どの馬をとっても、勝ち切るイメージが沸かない。
こういうケースでは案外人気通りで決まる事も多いが、ここは一波乱有りとみる。
ポイントは展開で、マルターズアポジーが主導権を握りそう。
外にウインガニオンも居るが、然程ペースは上がらないと予測する。
天候は回復するとはいえ、馬場コンディションの回復までは至らず、
切れ味勝負というよりも、持続力勝負になりそうな感。

本命は、ヤングマンパワー
G1レースは2度の参戦があるものの、どれも惨敗だからかこの人気。
昨年は3連勝からの挑戦も、ペースについていけず中途半端なままで
全く競馬にならなかった。
今年の安田記念は、大外枠から前半で脚を使った事と、切れ味勝負に
なってしまい、ここも惨敗。
しかし、2戦共に上記の通り、敗因は明らかで大舞台では力不足と
決め込むのはやや早計ではないか。
上記の挙げた展開なら、自身のペースでの競馬が出来る確率はかなり高い。
実際、自身の形さえ出来れば、今回人気を集める、イスラボニータや、
エアスピネル とも僅差の競馬が出来る力は持っている。
持続力はこの面子でも上位で、逃げるマルターズアポジーを射程圏内に
見据え、直線早目の抜け出しのシーンがあれば勝機も充分にある。

相手筆頭格には、ここ1本に目標を絞った感のある、イスラボニータ

他人気処もある程度おさえるが、少額程度。

伏兵陣もなかなか面白い面子が揃った。
まずは、主導権を握りそうな マルターズアポジー
マイルがベストでは無いが、今回に限っては舞台設定が合いそう。
桜花賞馬、レーヌミノル も距離短縮で復活を狙っているだろう。

中でも最大の惑星は、春のきさらぎ賞で◎を打った アメリカズカップ
道悪巧者もあるが、これも自身のペースで競馬が出来れば侮れない。
調教映像を観ても、派手さは無いが、しっかりとした脚どりで坂路を
駆け上がった姿は、先週の、クロコスミアを彷彿させる。

◎ヤングマンパワー
〇イスラボニータ
▲マルターズアポジー
注エアスピネル
△レッドファルクス
☆レーヌミノル
☆アメリカズカップ


◎ 単 ・ 複  3連複 及び ワイド
☆アメリカズカップ の複勝も。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 00:11| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

エリザベス女王杯 & 福島記念

土曜競馬は、◎インカンテーション での、単・複 のみとなったが、
それでも、単で取れた事は嬉しいもの。
日曜は、もっとスッキリと当ててみたいものです。

まずは、  「福島記念」
ここは中心馬の印のみで。

ある程度流れそうな面子構成だけに、展開の利もあるとみて、ショウナンバッハ
前走は復調の兆しがみえただけに、ここでのレベルなら。

◎ショウナンバッハ


           「エリザベス女王杯」

ソウルスターリング は別路線に行ったものの、それを除けばハイレベルな面子構成。
しかし、ハイレベルというだけで、ハイレベルな決着になるとは限らないのが、
競馬の面白いところ。
ポイントとするのは、距離と展開。
近年、底力勝負の様相が続いているが、これは面子によって変わってくる。
クロコスミアが主導権を握りそうで、先行勢もそれなりに存在はするが、
無理に競りかけてくる様な存在も見当たらず、前半はスローになるのは濃厚。
後半持続力勝負にはなるだろうが、前半の展開が大きく左右しそうだ。

本命は、クロコスミア に期待したい。
前走は、府中牝馬Sを逃げ切り重賞制覇でも現状では9番人気。。
巷の評価は低く、展開が向いた事や、今回距離延長も不安視されているが、
G1馬2頭を相手に堂々と勝ち切った事は素直に評価したい。
不安視されている距離延長も、前半スローでゆったり入れる展開なら、
距離の問題は杞憂に終わらないだろうか。
2歳時から言う様に、勝負根性もある馬で、自身のペースでなら、
そう簡単には崩れないスタミナもある。
今回、初騎乗になる、和田騎手も今年好調で、思い切りの良さがある。
この馬の力を充分に引き出してくれそうで、そうなればこのレベルでも
好勝負に持ち込める。

相手候補には、力だけを評価するなら、ミッキークイーン
ハイレベルの牡馬相手にヒケを取らない競馬は力の証明。
順当なら、この馬が最右翼だろう。

あとは、人気処も含めて手広く流したいが、最大の惑星候補を挙げるなら、
マキシマムドパリ だろう。
牝馬限定戦ながら、重賞2勝は侮れない。
前走は大外枠からのやや中途半端な競馬で、クイーンSは、
完全な距離不足と、酌量の余地は充分で、ここまで人気が落ちるなら。

◎クロコスミア
〇ミッキークイーン
▲ヴィブロス
注スマートレイアー
△クイーンズリング
△ディアドラ
△ルージュバック
☆マキシマムドパリ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド
☆マキシマムドパリ の複勝もオマケで。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:33| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

武蔵野S & デイリー杯2歳

まずは、  「デイリー杯2歳S」 から。

カツジ を本命とする。
デビュー戦にしては、まるで古馬の様なレース振り。
着差以上の勝利と言え様。
ここもそのレースセンスの高さで、突破出来るとみる。

◎カツジ
〇メガリージョン
☆ヒシコスマー



       「武蔵野S」

然程ハイペースは考え難い面子構成だが、先行勢も複数存在し、
平均よりもややスローの展開になりそう。

本命は、インカンテーション を抜擢したい。
昨年は、休み明けで挑んだ、東海Sを惨敗後は、結果が伴わず、
苦渋を味わってきたが、平安S快勝を足掛かりに、この馬らしさが戻ってきた。
一昨年の、フェブラリーSで2着の実績を挙げた同舞台。
今の力の要る馬場もこの馬には好材料で、好勝負を期待。

◎インカンテーション
〇カフジテイク
▲サンライズノヴア


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:35| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

アルゼンチン共和国杯&みやこS

まずは、   「みやこS」 から。

ローズプリンスダム を本命とする。
近走安定感の無い成績にみえるが、地方への参戦と、距離不足が
敗因とハッキリしており、敢えて不安点と見る必要は無い。
前走は、今回人気を集める エピカリスに完勝しており、力はある。
操縦性の高さも魅力で、この面子なら勝ち負けは充分とみた。

◎ローズプリンスダム
〇タガノヴェルテ
▲トップディーヴォ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 ワイド


  
       「アルゼンチン共和国杯」

どの馬もどの馬で、なかなか狙い辛い面子構成。
今年はやや波乱含みの気配が強い。

ハッピーモーメント に期待する。
前走は、久々の右回りもあるだろうが、不可解な大惨敗。
しかし、府中のこの距離での舞台は安定感は抜群。
既に7歳になったが、今年の面子なら上位。

相手候補には、3歳から、スワーヴリチャード
ダービー2着は誇れる実績で、今年のこのレベルなら。

◎ハッピーモーメント
〇スワーヴリチャード
▲レコンダイト
注ソールインパク


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:38| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする