2017年10月28日

天皇賞・秋 無冠返上へ悪天候でも視界良し! & GALAXYnote8訂正

まずは、GALAXYnote8の話から少し。
バッテリーの持ちが期待程では無いとしましたが、これまでよりかは
良くなってはいると思います。
ただ、少し浮気気味に使った、AQUOSpad06F や P8MAX に比べると、
バッテリー容量の差もありますが、そこまでは・・・という感じです。
あと、メモリーの恩恵は然程感じられないとも言いましたが、
このシリーズは、カメラを起動すると、不意に落ちる事がよくありましたが、
現状その様な事も起きないので、そういう部分では、恩恵があるのかもしれません。
ペンを利用しない人にとってはほとんど無意味な機種ですが、これまで使ってた方、
もしくは、これからそういう使い方をしようと考えている方は、高額ではありますが
買って損は無いと思います。
以前の様に、これからちょくちょく、こういう話題も取り上げれたらと。

さて、本題へ。
人気を集める キタサンブラックだが、前走の宝塚記念での惨敗の影響で
1番人気でも、圧倒的な数字では無い。
個人的にこの馬の不安は距離にあるとみている。
同距離の大阪杯では、勝ってはいるものの、今回の舞台とは様相は大きく違う。
自身のリズムで走れるとは思えない、府中の2000で、この馬の勝ち負けを
考えるのは酷ではないだろうか。
休み明けでも充分実力が発揮出来るタイプではあるが、陣営の考える本番は
先の大一番にあると思われる。
もう1頭人気を集める、宝塚記念馬、サトノクラウンは、調教をみても、
本番は先と思わせる様な調整。
人気上位2頭は必ずしも主役を務めるには不安が漂う。

馬場状態も重要なポイントだが、正直走ってみないと確信は持てない。
展開面でも、道悪の条件内での平均ペースで流れそうな面子構成から、
前後ろ極端な有利不利は無いとみる。
それよりも、この舞台で1番力を出せそうな存在を中心に置きたい。

本命は、ステファノス 
一昨年2着、昨年3着、大阪杯では僅差の2着と実績充分なのに、
かなりナメられた、10番人気とは嬉しい誤算。
これまでのステップレースとは違い、ゆったりとしたローテーションで
望める、オールカマーをステップに使った事も陣営の本気度が伺える。
敢えて実績の無い距離を使う事で、負荷をかけた後、間隔を開けての
参戦は実はこの馬にとってはベストのローテ。
人気上位勢がそれぞれ不安を抱える中、万全の体制で臨める当馬。
今年こそ無冠返上への舞台が整ったといえるだろう。

相手候補も難解で、力差はほとんど感じられない。
前走思った以上の惨敗を喫した、ソウルスターリングは毎日王冠後の
回顧で述べた様に、ここで見直す事は出来ないか?
2つ外に道先案内人とも言える、ロードヴァンドール がいるだけに、
自身の競馬が出来る可能性は大で、見限りは危険。

この距離ならの、ヤマカツエースも侮れない。府中での実績は最悪だが、
左回り自体は問題ないタイプで、流れに乗れれば好勝負出来る。

半信半疑だが、復活の気配を感じる、マカヒキ も面白い存在。

リアルスティール は前走以上のパフォーマンスは考え難く、この評価。

キタサンブラック と サトノクラウン は道悪なら3着辺りで。

距離はやや微妙も、サトノアラジン もこの舞台は合う。

◎ステファノス
〇ソウルスターリング
▲ヤマカツエース
注マカヒキ
△リアルスティール
×キタサンブラック
×サトノクラウン
×サトノアラジン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド 手広く買うか。
もしくは、◎ 単 ・ 複 のみの馬券になるかも。


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:05| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする