2017年09月24日

神戸新聞杯 & オールカマー

まずは、  「オールカマー」 から。

展開では、然程早い流れにはならないが、距離を含めこの舞台では、
適性が大きなポイントとなる事が多い。
もう一つのポイントは、人気勢の多くは、目標が先にある上に、
休み明けで臨んでおり、順当には納まらない様相か。

ツクバアズマオー を狙いたい。
年明け金杯後は、不甲斐ない成績が続いているが、昨年も3着の
実績がある様に、実績を残しているコース。
なによりこのコースでは、コーナーワークが抜群に上手く、展開問わず、
勝負所では、欲しい位置取りまで上がってくる事ができる。
好転舞台での人気落ち、狙わぬ手はない。

人気勢はアテにならない、マイネルミラノ ではどうか。
今回逃げる逃げない関わらず、主導権はこの馬が取りそうな感。
そういうパターンに持ち込めば、侮れない1頭。

◎ツクバアズマオー
〇マイネルミラノ




      「神戸新聞杯」

例年よりも、低レベルと評価される、3歳牡馬世代。
そんな中、ダービー馬レイデオロの登場とあって、盛り上がってはきたが、
ジャパンCが当面の目標で、あくまでここは叩き台。
他、有力勢も、目標は先の菊花賞で、他の勢力にも付け入る隙は充分にある。

マイスタイル、アダムバローズ がペースを作りそうだが、それでも、
ハイペースにはなり難く、平均ペースで流れそうな面子構成。
極端な位置取りでは厳しいのではないか。

本命は、ベストアプローチ に期待したい。
ダービーでは、ややスムーズを欠く内容で、9着と敗退も、
直線では、良い脚を使っていた。
前々走の、青葉賞でも、2着とはいえ、好タイムでのもので、
重心の低いゆったりとした走法で、こういう舞台が合う。
先の菊花賞で狙うつもりだったが、まずはここで真価を問う。

相手筆頭格には、ダービー馬、レイデオロ
長く良い脚を使える事もそうだが、この距離への適性を重視した事に評価。

他では、主導権を握りそうな、マイスタイル

キセキ は春は物足りなかったが、夏の2戦はレベル云々問わず、
確実に力を付けている事は間違いない。
現時点で菊花賞ではあまり魅力を感じないが、むしろこの舞台で魅力。

ダンビュライト は今一つ掴み難いが、安定感から休み明けでもそこそこは。

アドマイヤウィナー も、青葉賞では3着とはいえ、好内容。
前走は、発馬後手でリズムを崩した上、休み明けの影響か、
本来の姿では無かった。
一叩き効果と、手の内を知る鞍上に戻るのは好転材料。
何故か想像以上に人気落ちしている点も魅力。

◎ベストアプローチ
〇レイデオロ
▲マイスタイル
注キセキ
△ダンビュライト
☆アドマイヤウィナー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:08| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする