2017年08月27日

キーンランドC & 新潟2歳S

まずは   「新潟2歳S」  から。

まだデビューして間もない2歳馬はまだまだ未知の部分が大きい。
潜在能力や先の大物感もあるが、一番は現時点での完成度。
先の事よりも今を考察。
派手なパフォーマンスは目を引くが、余程強い逸材でなければ、
そこだけでのものにもなりかねない。
派手さは無くとも、真の実力を持っている現時点での高さ。

それをこの面子の中で、一番感じたのが、テンクウ
デビュー戦では、逃げ馬のすぐ後ろに位置取りから、直線では
やや反応の鈍さを感じさせない事も無かったが、それを補う程の
伸び脚をみせてくれた。
この時期の2歳馬にしては、大人びたレース振りといい、上記に
挙げた完成度に関しては、面子中最上位とみたい。

◎テンクウ


     
 「キーンランドC」

オッズが語る様に、大混戦。
その通り、現状での差はほとんど無いと言って良い。

ナックビーナス に期待したい。
同舞台を昨年経験し5着だが、外枠から上手く立ち回れなかった。
しかし、今回は内枠に入り、そして鞍上強化となる今回は見直せる。
その昨年よりも、強敵相手にも戦ってきた経験も生きてくるだろう。

相手候補には、実績上位の ソルヴェイグ

距離短縮で確実に見直せる モンドキャンノ

◎ナックビーナス
〇ソルヴェイグ
▲モンドキャンノ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:43| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする