2017年08月27日

キーンランドC & 新潟2歳S

まずは   「新潟2歳S」  から。

まだデビューして間もない2歳馬はまだまだ未知の部分が大きい。
潜在能力や先の大物感もあるが、一番は現時点での完成度。
先の事よりも今を考察。
派手なパフォーマンスは目を引くが、余程強い逸材でなければ、
そこだけでのものにもなりかねない。
派手さは無くとも、真の実力を持っている現時点での高さ。

それをこの面子の中で、一番感じたのが、テンクウ
デビュー戦では、逃げ馬のすぐ後ろに位置取りから、直線では
やや反応の鈍さを感じさせない事も無かったが、それを補う程の
伸び脚をみせてくれた。
この時期の2歳馬にしては、大人びたレース振りといい、上記に
挙げた完成度に関しては、面子中最上位とみたい。

◎テンクウ


     
 「キーンランドC」

オッズが語る様に、大混戦。
その通り、現状での差はほとんど無いと言って良い。

ナックビーナス に期待したい。
同舞台を昨年経験し5着だが、外枠から上手く立ち回れなかった。
しかし、今回は内枠に入り、そして鞍上強化となる今回は見直せる。
その昨年よりも、強敵相手にも戦ってきた経験も生きてくるだろう。

相手候補には、実績上位の ソルヴェイグ

距離短縮で確実に見直せる モンドキャンノ

◎ナックビーナス
〇ソルヴェイグ
▲モンドキャンノ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:43| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

札幌記念 & 北九州記念

本題前に、少し。
最近触れてないのですが、相棒達をザックリ入れ替えをするので、それも近日に。
今迄とは違う機種やタイプの物を使う事になりますが、それは後日。

まずは、  「北九州記念」  から。

中心馬2頭の印のみで。

◎アクティブミノル
〇キングハート



      「札幌記念」

ロードヴァンドールが逃げを打つ事になるだろうが、然程早い流れには
なりそうにない面子構成。
そこそこ粘りの利く先行勢だけに、極端に後ろからでは届かないのではないか。

本命は、ディサイファ を狙う。
近走結果が出てないが、ここ1年程は適正外のレースが続いていたのも確か。
その中でも適正外の大きい安田記念では、惨敗こそしたものの、
先行して粘りを見せたのは収穫にも感じる。
3走前の、チャレンジCでは、見せ場を作る程で、年齢程な劣化は無い。
久々に適正舞台に戻る今回、全く人気は無いが、狙う価値はある。
2年前に制した同舞台で久々の美酒を。

相手候補には、マウントロブソン に ヤマカツエース の2頭は
人気でも逆らう理由は見当たらない。

エアスピネル は実績上位は認めても、大外枠はこの馬にとっては
歓迎材料では無い事は確かで、人気程の評価は与えられない。


面白いところでは、マイネルミラノ 
前走は馬場やハンデが応えた感もあったが、それにしても不甲斐ない内容。
確たる敗因は解らないが、それだけに、この1戦だけで見限るのは早計か。
札幌コースは初だが、こういう時計を要する馬場にも実績があり、
これだけ人気も落ちれば狙ってみたい1頭。

◎ディサイファ
〇マウントロブソン
▲ヤマカツエース
注エアスピネル
☆マイネルミラノ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:10| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

エルムS & 関屋記念 & 甲子園バースディ

今日昼間、車で移動中に甲子園に中継を観ていました。
すると、普段耳にする応援曲とは違うものが流れ、
よく聞くと、ハッピーバースデー。
打席の選手がちょうど誕生日での事。
直後球場全体から拍手の祝福というこういうシーンは初めて観ました。
気の利いた応援だなあ。と、観ているこちらまで気持ちの良いものでした。
その選手にとって忘れられない思い出になったでしょうが、観ている側も、
心に残るシーンだったなあ。と。
こういう応援はこの先も見る機会がありそうですね。

さて、本題へ。

まずは    「エルムステークス」  から。

中心とみたいのは、ロンドンタウン
前走の惨敗は、距離というよりも、調整過程ではないか?
最高馬体重での出走で、あきらかにゆるかったのも確か。
一叩きされた上積みも見込んで、本命にしたい。

◎ロンドンタウン

       
        「関屋記念」

マルターズアポジー辺りが主導権を握りそうなものの、
然程ハイペースになりそうにない面子構成。
好位から上手く運べそうな馬を狙ってみたい。

本命は、ヤングマンパワー
さすがにG1では通用しなかったが、このレベルなら勝負出来そう。
上記に挙げた展開なら、尚の事上手く運べそう。
元々力はある馬で、好位から早目進出で粘り込みを図れそうだ。

◎ヤングマンパワー
〇メートルダール
▲ダノンリバティ
注ダノンプラチナ
☆マイネルハニー
☆クラリティスカイ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及びワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:46| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜競馬

        「STV賞」

簡潔に。
ここは、舞台適正を重視して、ドウ―カ を中心としたい。
このクラスでは結果が出なかったが、適正あるコースでなら、
勝ち負けまでも充分可能。
このコースでなら、レース振りも良く、内枠から上手く立ち回れるだろう。

相手候補には、実績の割に、評価が低い ヒルノマゼランへ。

◎ドウ―カ
〇ヒルノマゼラン


この2頭を中心とした馬券で。


     「宮崎特別」

◎スリーマキシム


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 08:09| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

小倉記念 & レパードS

台風がすぐそこまで来てるのに、この暑さは・・・・・。

土曜競馬はかすりもせずの惨敗。
気を取り直して、日曜メインへ。

まずは   「レパードS」 から。

タガノグルナ を本命にする。
まだダートでは底を見せてない3歳馬。
そのダート2戦も、雪での悪天候と脚抜きの良い重馬場でのもので、
まだ確信な部分は無いが、レース振りを見ると非凡な能力も感じる。
今回が試金石になるだろうが、それで然程人気になっていない今回は
狙い時かもしれない。先行投資の意味も込めて。

◎タガノグルナ
〇ハルクンノテソーロ



      「小倉記念」

直線が短く、小回りコースの割に差しがよく届くコースでもある。
しかし、それは展開に左右されるケースも多く、一概に差し有利とは言えない。

今回はスローが見込める面子構成で、極端に後ろからでは届かないとみる。
それでも、早目仕掛けになり持続力も問われる1戦になりそうだ。

本命は、フェルメッツア
上記に挙げた展開に一番ハマりそうなのが、この馬ではないか。
前走は久々が影響してか、仕掛け処でやや反応が鈍く、遅れを取っての5着。
しかし、一叩きされた効果に、実績あるコースに戻るのは好転材料。
持続力勝負になれば、一気に浮上する。

◎フェルメッツア
〇タツゴウゲキ
▲ストロングタイタン
☆ベルーフ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:02| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする