2017年06月25日

宝塚記念

人気を集める キタサンブラック は当然の事ながら上位は確実も、
負けるとすればここか。
3戦連続のGTで前走はレコードのハードなレース。
距離的にも小頭数である事からも、こういう舞台がこの馬にとって
厄介な設定にならないか。
ただし、道悪も予想される事から、今回は外枠に入った事で馬場の良い所を
走れる事は好材料かもしれない。

それでもここまで圧倒的な人気を集める馬を素直に本命にしても、
上記に挙げた重箱の隅をつつく様ではあるが不安点もあるだけにやや危険。
数字程までの信用は無いとみたい。

本命は、ミッキーロケット に期待する。
近走発馬後手で今一つ流れに乗れてないものの、それでも勝負圏内にはきている。
今回もその不安は拭えないものの、大きく遅れる訳では無いので然程心配は無い。
厳しい流れになるならそれはそれで対応は出来る。
陣営は先行策を指示している様で、まともな発馬なら、昨年のTRで
サトノダイヤモンドに迫った様に力はある。
道悪も追い風で、大きなチャンスの舞台とみる。

相手候補は無理に絞らずに手広く攻めてみたい。
キタサンブラック が当面の相手も、確たるまでには無い。

関西遠征では結果を残せてないが、能力は高い ゴールドアクター

ミッキークイーン は迷った1頭で、陣営も言う様にこの距離での
道悪がどうか? 地力の高さでこの評価。

面白いところでは、スピリッツミノル 
舞台適正は上位で、道悪が追い風となり3着辺りに・・・。

◎ミッキーロケット
〇キタサンブラック
▲ゴールドアクター
注ミッキークイーン
△サトノクラウン
☆レインボーライン
☆スピリッツミノル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は シュヴァルグラン
天皇賞では本命にしたが、そこでこれ以上無い程の仕上げの上、
ハードなレース内容。その疲れが不安でここでは無いとみる。

御来殿、ありがとうございました。




posted by 裕二郎 at 00:49| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

土曜競馬2つ

簡潔な中心馬のみで。
     
      「八ケ岳特別」

◎ベストリゾート



      「垂水ステークス」

クリノラホール を本命に挙げたい。
ここ3戦は重賞やG1のもので、強豪揃いの中でのもの。
自己条件に戻るここでは上位の力はある。
惨敗続きで人気を下げているこここそ、狙い時だろう。

◎クリノラホール


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 10:14| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ユニコーンS & 函館SS

まずは、   「ユニコーンS」  から。

サンライズノヴァ が本命。
前走は差は無いとはいえ、4着と敗退したが、自身にとっては厳しい流れに
なったのもあり、それでも粘った事は評価したい。
今回は流れも落ち着きそうで、自身の競馬が出来るだろう。

◎サンライズノヴァ
〇シゲルベンガルトラ
▲リエノテソーロ
注サンラズソア



       「函館SS」

開幕週でもあり、コースも良い事から、前有利は変わらないが、
シュウジの存在を、他陣営がどう捉えるか?
おそらく、楽な競馬はさせないと予測でき、消耗戦も視野に入れたい。

本命は、クリスマス に期待したい。
前走はさすがに強豪揃いだった事もあるが、道中はスムーズに運べた割には、
直線は騎手も追うのを止める程に手応えが無かった。
ローテーションも厳しく、疲れもあったかもしれない。
確たる敗因は力差だけとは思えず、これで見限るのは早計か。
今回は、実績あるコースに戻る上に、この馬自身、自在性もある。
ここに向け、立て直した効果も期待できないか。
好転材料が多い舞台で、季節外れの鈴の音が函館に響く。

ここが本気では無いだろうが、別定戦だけに、セイウンコウセイ が対抗格

シュウジ や キングハート も有力には違いないが、やや物足りない。

初スプリントでもコースが合いそうな、ジューヌエコール

面白いところでは、エポワス を挙げたい。
既に9歳となったが、まだまだ衰えは少ない。
コース適正も含めて1枚投じる価値はある。

◎クリスマス
〇セイウンコウセイ
▲シュウジ
注キングハート
△ジューヌエコール
☆エポワス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 00:15| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

土曜競馬 & 野際陽子さん

野際陽子さんというのは、自身の世界というものを強く持っていた女優さん
という印象がありました。
どんな作品のどんな役どころでも、後で何かしら印象に残る事が多かった気がします。
NHKのアナウンサーの頃は知りませんが、その頃から培ってきたものかもしれません。
残念ですが、御冥福を御祈りいたします。
これまで多忙だったと思います、ゆっくりやすんでください。

さて、本題へ。
簡潔に、幾つか軽く中心馬のみで。
どの馬も3着以内ならば・・・という感じで。


      「HTB杯」

◎タマモブリリアン


自在性がある上に、バテない先行力を身に付けた事が連勝に導いた。
前走勝ったクラスに戻るここは中心と見てよい。


      「駒ヶ岳特別」

◎シャインブライト
〇ウインイクシード



      「天保山ステークス」

サウンドスカイ が本命。
前走は疲れからか、惨敗してしまったが、立て直されての復活に期待。

◎サウンドスカイ
〇コウエイエンブレム



      「水無月ステークス」

◎アドマイヤナイト
〇ニシオボヌール
▲ファインニードル



      「ジューンステークス」

◎ブラックバゴ


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:07| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

エプソムC & マーメイドS

本題に入る前に、愛知県の高速道路で起きた大事故。
反対車線から突然高く飛んでくる車・・・のさながら映画の様なシーンが
実際に起きてしまう事に恐怖を感じます。
バスの乗客乗務員から死者が出なかったのは運転手の判断も加え幸いでした。
しかし、これから先の事を考えると不安も大きい。
乗客もそうですが、運転手からすると過失があった訳では無い分尚更です。
私も大きな事故の経験者ですが、しばらくは運転も怖く、特に脇道から
車が出ようとするのを目にすると、飛び出てくるのではないか・・・とか、
酷い時には、停車している車さえにも同様な恐怖を感じたものです。
PTSDの一種ですが、精神的にも早く立ち直る事を願います。

さて、本題へ。

まずは   「エプソムC」  から。

前にいきたい馬も数頭存在するが、平均ペースで流れそうな面子構成。
その面子構成からも、主導権を握る事は大きなアドバンテージになりそう。

本命は、マイネルミラノ に期待する。
前走は控える競馬で実績を残し、自在性もある事を主張できた。
しかしこの馬の最大の持ち味はコーナーワークでのセンスの高さにある。
最内枠もあり、今回もそれが活かせそうで、粘り強い先行力に拍車がかかる。

相手候補には、人気でも アストラエンブレム
前走は好位に付け、直線ギリギリまで我慢しての追い出しで前を捉えられなかった
のは評価は低い内容だったが、これまでの実績から有力候補で間違いは無い。

タイセイサミット も圏内候補にはあるが、それよりも伏兵陣も面白い。

良馬場で見直したい、ベルーフ や 末脚に衰えは無い フルーキー

マイネルハニー も流れにのれれば上位進出も。

◎マイネルミラノ
〇アストラエンブレム
▲タイセイサミット
☆ベルーフ
☆フルーキー
☆マイネルハニー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は デンコウアンジュ
前走は上手く溜めて直線良い脚を使えたが、今回もそれが出来るかは微妙。
無駄に脚を使われそうで、人気程の信用は無いとみる。



       「マーメイドS」

◎アースライズ
〇ビッシュ


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:06| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする