2017年05月13日

京王杯スプリングカップ

今回のこのレースのポイントは、距離と馬場。
馬場に関しては、かなりの道悪が予測出来るので、その道悪をどう捉えるか?
展開では、確たる逃げ馬不在なだけに、然程ペースは上がらない。
小頭数だけに、どの位置からでも不利は無いが、敢えて決めるなら、
ある程度の位置取りは必要。 一波乱ありそうな感。

本命は、ブラヴィッシモ
実績気からは、他馬勢からすると一枚落ちるが、この距離では崩れる事は少なく、
なにより自在性があるのが強味。
道悪実績もあり、今回の面子構成なら先行押し切りが可能とみた。

相手候補には、トウショウドラフタ 
脚質的に差し損ねが充分考えられるが、この馬にとっては
これ以上無いベストの舞台が整った。

ダッシングブレイズ も面白い。
距離がやや短い印象の上、大外枠とはいえ、時計を要する馬場に魅力。

人気だが、グランシルク も好転舞台だけにおさえは必要か。

ダンツプリウス が最大の惑星候補。
以前にも書いた様に、元々勝負根性も備えたタイプで、時計を要する馬場で
久々に一変がありそうだ。

◎ブラヴィッシモ
〇トウショウドラフタ
▲ダッシングブレイブ
注グランシルク
☆ダンツプリウス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 00:11| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

NHKマイルC & 新潟大賞典

土曜競馬 「京都新聞杯」 は ◎ミッキースワロー 5着
馬券に絡む事は出来なかったが、思い切った騎乗で、現時点での力は出し切った
騎乗的には良い内容だったと思う。まあ・・・悔しいですが・・・。
気を取り直して、日曜メインへ。

まずは、   「新潟大賞典」  から。
ここは印のみで。

◎ジュンヴァルカン

       
        「NHKマイルC」

主役不在の上、この距離、舞台設定を考えても、実績ある馬が不在で
大混戦に輪をかけている。
これが今年の3歳戦の象徴とも言える事だろう。
1番人気を集める、桜花賞で◎のカラクレナイでも、マイルでの勝ち星は無く、
こうなれば、土曜はダメだったが、もう1度自分が1番強いと思う馬を
素直に本命にするしかない。

その本命は、アウトライアーズ
皐月賞は距離の壁か、騎手も言っていた様に溜めがきかず自身の競馬は
出来なかった。
一番強い競馬だったのが、ひいらぎ賞で、レベルの有無があったにせよ、
内容的には高い評価を与えたく、また、マイルへの適性の高さを感じた。
確たる事は言えないまでも、面子中では、上位だと信じたい。

相手候補には、モンドキャンノ
最内枠に入った事で、調教内容を活かせる舞台になってきた。

もう1頭は桜花賞◎を打った、カラクレナイ
確かにマイルでの実績は乏しいが、勝負根性もありそうで、
混戦での末脚に期待したい。

もう1頭は、唯一この舞台の経験馬、アエロリット

相手なりだが、崩れない ボンセルヴィーソ 

アテにし難いが、この舞台は合いそうな、タイセイスターリー

前走がフロック視されているが、左回りはスムーズな ジョーストリクトリ

◎アウトライアーズ
〇モンドキャンノ
▲カラクレナイ
注アエロリット
☆ボンセルヴィーソ
☆タイセイスターリー
☆ジョーストリクトリ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド 
◎中心だけでなく、マルチワイドも絡めて手広く攻めてみたい。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:22| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

京都新聞杯

世間では、GWの真っ只中ですね。
皆様はどうお過ごしになっているのでしょうか?
私は、今日で終わりです。
何をしたか?と言われても、最近疲れが重かったので、
ほとんど家でゴロゴロしてました。
今は、ちょっと食べ過ぎて重いです。

さて、くだらない話はこれ位にして、本題へ。

ダービーTRで、まさに、東上最終便といったところでしょうか。
確たる主役候補も見当たらず、なにが勝ってもおかしくない大混戦。
内と外に先行しそうな存在も見受けられるが、およそ平均ペースで
流れそうで、有利不利も断言できない。
力勝負とみてよく、馬券的に波乱への期待は難しいか。

本命は、初志貫徹で、ミッキースワロー
圧巻だったのが未勝利戦とはいえ、馬群を縫う様なコーナーリングで、
先頭集団にならぶ勢いの良さ。
直線も全く脚色が鈍らず突き放した様に長く良い脚が使える魅力もある。
また若武者菊沢騎手も、思い切って突っ込んでいく度胸の良さも
充分光った内容。
なにより、馬に勢いが無ければ出来ない事でも、なかなか人馬共に
勝負根性がある。
淀の外回りコースでの相性は微妙だが、能力はこの面子中では一枚上。

相手候補には、センス高い サトノリュウガ

もう1頭選ぶなら、プラチナムバレット

◎ミッキースワロー
〇サトノリュウガ
▲プラチナムバレット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  そして ワイド

キルトクール は サトノクロニクル
現状では、1番人気になっているが、この面子でも、そこまで
人気を集める程の力は無い。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:03| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする