2017年04月29日

天皇賞・春

2強との前評判の通り、オッズもそれを物語っている。
2強並び立たず・・・とは言われるが、そう騒がれた時程あっけなく決まるもの。
しかし、敢えて言うなら、その2強共に、ベストの舞台とは思えない部分もある。
サトノダイヤモンド はベストは中距離で、2400m前後だろう。
事実、前走を含め他レースでも折り合いに欠くシーンをよく見受ける。
キタサンブラック は 前年このレースを勝ってるだけに適正充分ににも思えるが、
個人的にはこの馬もベストは中距離かと思っている。
それだけに、サトノダイヤモンド が キタサンブラック との一騎打ち様相で、
前に行く、キタサンブラックを追いかけていくなら、消耗戦となり、2頭にとっては
逆に厳しい展開にならないか。

その2頭だけでなく、後方組もある程度長く良い脚が使えるタイプも多く、
尚更先行組には厳しい展開とみて、これらから2強決着は無いとみたい。

本命は、シュヴァルグラン
この馬の最大の持ち味は、鞍上の意のままに動かせる柔らかみだろう。
無理なく先行、後方待機が出来、折り合いにも問題はない。
展開次第で自在に動けるのも長距離戦での魅力ではないだろうか。
前走は完敗とも言われるが、直線が平坦なこのコースならもっと上積みが出来。
距離延長は歓迎で、上記の様な展開になるなら、直線2強を抜き去る事も
可能性は大きい。

相手候補には、シャケトラ を抜擢。
上記の展開なら、この馬の持続ある末脚は脅威。
初の58キロや、少し難しい面もあるが、思い切った競馬を試みて欲しい。

◎シュヴァルグラン
〇シャケトラ


ワイド1点勝負

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:56| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

青葉賞

ダービーと同じ舞台で行われるTRレース。
今年は混戦だけに、同舞台でのこのレースは注目したい。
既に同距離を経験している馬も複数存在するところもポイントか。

先行勢が複数存在するもこれまでとは違う距離でのもので、長距離にはなるが
ここではペース云々を極端に重要視し過ぎるとどうか?
それでも、然程ペースは上がらないと決め込む。

本命は、ポポカテペトル に期待したい。
走りを見る限り、スタミナは想像以上にある様子。
前が厳しい展開になっても、粘れる力はある。。
京成杯では、立ち上がる程の不利を受けたもので、度外視して良く、
完成するのはもっと先だと思うが、現時点でもこのクラスなら通用して良い。

相手筆頭格には、人気でも アドミラブル
ここで上位は間違いない。勝ち負け。

面白いところでは、マイネルスフェーン
長く良い脚を使えるのは魅力。元々展開を問わないタイプ。
完成度も高く、力差は無い。

◎ポポカテペトル
〇アドミラブル
注マイネルスフェーン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び マルチワイド

キルトクール は トリコロールブルー

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:27| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

フローラS & マイラーズC

土曜競馬は、またしても散々な結果。
気を取り直して、日曜メインへ。


まずは、 「フローラS」

オークスへのTRになるが、先を見据えてというよりも、
今回はここが本番と考えた方が良い。
人気を集める、ホウオウパフューム はこの面子中ならば一枚上。
中心とみていいだろう。
ポイントは展開になるが、開幕週になるとはいえ、単純に先行有利
と決め込むのは危険か。
土曜の競馬でも、有利不利はほとんど無く、重要視しなくて良い。

本命は、ヤマカツグレース
鞍上に横山(典)を抜擢した事で、どう動かすかがポイントになるが、
おそらく前走同様に先行策で、タガノアスワドをみる形か。
前走、逃げたカワキタエンカを捉える事は出来なかったものの、
デビュー当時から距離延長はプラスになると思える走り。
今回は試金石になると思うが、好転舞台とみて、狙ってみる。

相手筆頭格には、人気でも ホウオウパフューム

もう1頭選ぶなら、上記に挙げた、タガノアスワド
マイペースで運べそうで、そうなると簡単には止まらない。

◎ヤマカツグレース
〇ホウオウパフューム
▲タガノアスワド


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 マルチワイド


       「マイラーズカップ」

能力実績共に、1番は、イスラボニータ で間違いない。
例え、大外枠であろうが小頭数の上、これまで戦ってきた相手と比べれば、
完調でなくとも、勝ち切る能力は充分ある。
しかし、今回は大外枠の不利というよりも、陣営の復活への意気込みが高い。
それ故に、最大の目標は、先の大一番。こちらの方が大きい。
敢えて、2番手評価。

本命は、フィエロ に期待したい。
既に8歳ではあるが、近走をみても、衰えというものは全く感じられない。
持続力もあるタイプで、内枠の利を活かせる走りが出来るのではないか。

◎フィエロ
〇イスラボニータ


とりあえずはこの2頭のワイド1点勝負。
もしくは、2頭中心に馬券を広げるかも。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:14| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

福島牝馬S & 府中S

まずは、  「府中S」  から。

◎ロスカボス
2歳時では期待された当馬も、尻すぼみとなり、前走は最下位着順。
気持ち的な部分なのか、早熟だったのかを決めつけるのは少し早計。
以前からマイルは適正舞台とは思えない事から、今回久々の距離延長と
休み明けで、一発狙ってみる。勝ち切る事は厳しいかもしれないが、
とりあえず、馬券対象内を狙って。


      「福島牝馬S」

一長一短が揃った、文字通り混戦となりそうな面子構成。
波乱が多いレースだが、ここまで揃ってしまうと、
逆に大きな波乱は無い様にも思う。
ペイシャフェリス と クロコスミア の主導権争いになりそうも、
然程ハイペースになるとは思えず、むしろ平均よりもややスローか。

ならば、今回も クロコスミア を狙ってみたい。
前走は、この馬にとっては厳しい流れになったものの、交わされてからも
再び盛り返す持ち前の勝負根性をみせた。
初コースにはなるが、こういう時計のかかるコースはこの馬にとっては
好転舞台になると信じる。

相手候補には、ロッカフラベイビー を抜擢したい。
◎馬とは脚質も違うが、勝負所では射程圏内まで詰める事が出来る、
コーナーワークの良さは、このコースでもいきてくるのでは。

他では、充実持続中の フロンテアクイーン

舞台適正が魅力の ブリガアルタ まで。

◎クロコスミア
〇ロッカフラベイビー
▲フロンテアクイーン
注ブリガアルタ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び マルチワイド

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 22:21| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

皐月賞〜〜最下位の結末

◎アメリカズカップ・・・最下位

某局で観ていましたが、レース前から敗北感満々でした。
まず、パドックに映し出された馬体は淋しさが溢れていた事。
そして、解説者が1頭づつコメントしていくのに、アメリカズカップを
スルーして、サトノアレスにいってしまった事。
実況アナに、指摘されて戻りましたが・・・・・・・
そして、イレこみ過ぎての消耗・・・・・・
他馬券も購入しましたが、それでも、ブログに挙げた以上は
そのまま買うという基本姿勢のまま購入。結果は、上記の通り。
無理せずに立て直して、夏競馬辺りで期待したいですね。


勝った ☆アルアイン は想像以上に勝負根性がありそうな感。
3コーナー過ぎでは、手応えが怪しかったにも関わらず盛り返しての快勝。
道悪には向かない様ですが、まだまだ進化を感じさせるものでした。

ペルシアンナイト は流石の騎乗もでしたが、この舞台そのものの適性が
ものを言った感じでした。ここまでとは。

ダンビュライト は向こう正面では、勝つんじゃないかという程の手応え。
時計のかかる馬場の適性もありますが、距離延長も対応出来るでしょう。

敗れた ファンディーナ は予想時にも言いましたが、これまでにない展開以上に、
厳しいローテが一番の敗因かと思います。
能力自体は高い事は間違いなく、この敗因を引きずらなければいいのですが。
立て直しに専念してもらいたいものです。

次は、マイルC もしくは ダービー という事になりますが、
特にダービーで期待できるのは、現状では、レイデオロ 
ハナっからここが目標じゃないローテは舞台適正を意識したものでしょう。
ただ、個人的には、今週の 青葉賞組からの進出に期待したいですね。

久々に、滝に打たれてきます。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 20:49| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする