2017年02月26日

中山記念 & 阪急杯

仕事が思ったよりかかってしまい、今になりました。
時間が無いので、やや簡潔に。

まずは   「阪急杯」

シュウジ が圧倒的人気を集めている様に、レース幅が出てきた事や、
今の充実ぶりからすると、仕方ないにしても、前走お世話になったとしても
やや過剰人気気味なのは否めないか。

本命は、思い切って、テイエムタイホー に期待したい。
近走全く結果が出ていないが、今回はこの馬にとってベストの舞台。
老兵の一発に期待しようではないか。

相手筆頭格には、人気でも シュウジ
前記の様にレース幅に安定してきた今なら。

面白いところでは、好転舞台となる トーキングドラム

◎テイエムタイホー
〇シュウジ
☆トーキングドラム


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



        「中山記念」

GT馬4頭が集まった注目の1戦。
アンビシャス に リアルスティール の人気を集める2頭は
この面子中でも、最有力候補に挙げられても仕方ない存在で、
そう簡単に崩れる事は考え難い。
しかし、付け入る隙があるとすれば、本番は先ということか。
この2頭にとって、今年から格上げされた、大阪杯 が最大の目標と目論む。

マイネルミラノ が主導権を奪いそうで、一見スローとも思えるが、
有力勢も好位から早めに仕掛ける事も充分に考えられ、単純な前残りとは
考え難い。後ろからでも勝負になるとみる。

本命は、ツクバアズマオー
実績からすれば、重賞ウィナーでも、この面子に入るとやや見劣る。
しかし、目下の充実ぶりから考えると、この馬を一枚上手と取りたい。
コース巧者で、捲る競馬が似合う。
距離短縮は歓迎とは言えないまでも、上記の展開なら勢いも加わり、
逆転までも考慮する。

相手候補には、人気でも、リアルスティール と アンビシャス

ロゴタイプ もコース巧者と距離短縮は歓迎だが、海外帰り初戦と
いう事で、ここでの評価。

面白いところでは、 サクラアンブルール
この馬もコース巧者で、距離短縮は歓迎材料。
勢いもあり、圏内に入り込む余地はある。

◎ツクバアズマオー
〇リアルスティール
▲アンビシャス
注ロゴタイプ
☆サクラアンブルール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ネオリアリズム
次点評価というだけで、印が回らないという理由・・・。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 13:35| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする