2017年02月12日

共同通信杯&京都記念惨敗回顧

見るも無残な結果となりました。
まずは、共同通信杯◎チャロネグロ
発馬後手はそれ程大きな影響は無かったものの、3コーナー手前から進出も、
直線は自らがヨレて進路が取れず、ペースダウン。
外に出してみたものの時遅しでそのままの惨敗。
もう少しやれると思ったが、まだレースになってない感。
ただもっとやれるだけの能力はあると思っているので、クラスが下がった時の、
距離延長でもう1度狙ってみたい。

勝った スワーヴリチャード は強い競馬ではあったが、この先大舞台で、
確たる存在になれるまでにはまだどうか?
繊細過ぎる感じで、何かひとつ違えば、アッサリ馬券外も充分ある評価。

京都記念 に関しても、スローには違いなかったが、
◎ミッキーロケット こともあろうに、こちらも発馬後手。
すぐに取り付き、直線はこの馬らしい脚で追い込んでくるも4着。
発馬後手よりも、この馬の欠点か、勝負処での反応が悪かったのも敗因。

人気を集めた、マカヒキ は調整不足の声もあるが、元々、こういう馬。
予想でも述べたが、スポットが狭いだけに、軸か連下の評価は出来ても、
頭勝負ではこれから先も狙い難い。

サトノクラウン は連覇ではあるが、本当に一皮剥けたのか、自信の内容。
理想的な競馬が出来た感。
思った以上に強くなっているし、先の大一番でもかなり有力だろう。

惑星候補に思えた、ヤマカツライデン は直線失速。
この展開でのこの結果は完全な力不足。

2つのメイン共に、今更ながら自身の予想力の無さが浮き彫りに
なってしまった反省を次に生かします。

御来殿、ありがとうございました。



posted by 裕二郎 at 23:02| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都記念 & 共同通信杯

土曜競馬は、2〜3着のワイドで、なんとか一矢報いた感。
配当は低くとも、馬券的には勝利という事で、とりあえず良しとします。
アドマイヤミヤビ には今回に限っては、大変失礼しましたという事で。

まずは、  「共同通信杯」

ほぼスローが濃厚な面子構成だが、それなりに流れるのが、
この時期の3歳戦。
人気有力馬も揃ったが、それぞれ確たる程の存在では無い。
ここは一捻りしてみる。

本命は、チャロネグロ
距離がもう少し欲しいところでもあるし、まだ成長過程ではあるが、
この馬単体の能力に期待したい。
長く良い脚を使う事が出来、展開を問わないタイプと見ているので、
ここでも充分通用するのではないか。先行投資の意味も込めて。

◎チャロネグロ・・・中心馬


      「京都記念」

海外帰りの、マカヒキ が圧倒的な人気を集めているものの、
ここまで人気を集める程の信用性は無い。
これまでのレースを冷静に振り返ってみれば、好転材料が揃ってないと
勝ち負けまでは難しいタイプ。
その上海外帰りの今回は、実績実力共に1枚上としても、狙い難い。
好転材料が見当たらない今回、中途半端に拾うより切り捨てて楽しんでみたい。

ほぼスロー濃厚な面子構成だが、それなりに対応出来る面子も揃った。

本命は、ミッキーロケット
長く良い脚を使える持久力と、差し返す勝負根性もある。
2番人気だが、ここは頭勝負しても良い。

相手筆頭格には、海外G1ウィナーの サトノクラウン
同じ海外帰りでも、狙って良いのはこちら。

もう1頭挙げるなら、ヤマカツライデン を挙げたい。
馬場状態は微妙な材料ではあるが、久々で馬体増の前走でも
内容は悪くなかった。
主導権を握れそうなだけに、ここで狙ってみたい。

◎ミッキーロケット
〇サトノクラウン
▲ヤマカツライデン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 そしてワイド

キルトクール は マカヒキ
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:20| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする