2017年02月12日

京都記念 & 共同通信杯

土曜競馬は、2〜3着のワイドで、なんとか一矢報いた感。
配当は低くとも、馬券的には勝利という事で、とりあえず良しとします。
アドマイヤミヤビ には今回に限っては、大変失礼しましたという事で。

まずは、  「共同通信杯」

ほぼスローが濃厚な面子構成だが、それなりに流れるのが、
この時期の3歳戦。
人気有力馬も揃ったが、それぞれ確たる程の存在では無い。
ここは一捻りしてみる。

本命は、チャロネグロ
距離がもう少し欲しいところでもあるし、まだ成長過程ではあるが、
この馬単体の能力に期待したい。
長く良い脚を使う事が出来、展開を問わないタイプと見ているので、
ここでも充分通用するのではないか。先行投資の意味も込めて。

◎チャロネグロ・・・中心馬


      「京都記念」

海外帰りの、マカヒキ が圧倒的な人気を集めているものの、
ここまで人気を集める程の信用性は無い。
これまでのレースを冷静に振り返ってみれば、好転材料が揃ってないと
勝ち負けまでは難しいタイプ。
その上海外帰りの今回は、実績実力共に1枚上としても、狙い難い。
好転材料が見当たらない今回、中途半端に拾うより切り捨てて楽しんでみたい。

ほぼスロー濃厚な面子構成だが、それなりに対応出来る面子も揃った。

本命は、ミッキーロケット
長く良い脚を使える持久力と、差し返す勝負根性もある。
2番人気だが、ここは頭勝負しても良い。

相手筆頭格には、海外G1ウィナーの サトノクラウン
同じ海外帰りでも、狙って良いのはこちら。

もう1頭挙げるなら、ヤマカツライデン を挙げたい。
馬場状態は微妙な材料ではあるが、久々で馬体増の前走でも
内容は悪くなかった。
主導権を握れそうなだけに、ここで狙ってみたい。

◎ミッキーロケット
〇サトノクラウン
▲ヤマカツライデン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 そしてワイド

キルトクール は マカヒキ
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:20| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

デイリー杯クイーンカップ

昨夜は高知市内でも何年ぶりかと言う位の大雪でした。
小倉開催が延期される等、他県でも影響が大きい様です。

今日は祝日土曜ですが、会議もあるので、やや簡潔に。

決め込まない方がいいのかもしれないが、スローが見込めそうな面子構成。
この時期の3歳戦だけに極端なスローにはなり難いが、前有利は定石。

本命は、アエロリット に期待する。
最大の持ち味は安定した先行力だろう。
こういうタイプは派手さは無いが、簡単には崩れない魅力もある。
特に前走は休み明けの影響か、やや鈍さも見せたが、それでも
僅差の2着を確保した内容は着順以上に濃いものがある。
直線が長い府中だからこそ、主導権を握れる強みを生かす競馬を。

相手候補には、レーヌミノル と フローレスマジック
人気でも、この2頭を外す理由は現状見当たらない。

面白いところでは、モリトシラユリ
距離がやや微妙も、鋭い差し脚は魅力。
前走は直線ロスがあっただけに、今回の仕掛けどころがポイント。

◎アエロリット
○レーヌミノル
▲フローレスマジック
☆モリトシラユリ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は アドマイヤミヤビ
ややズブいところもあり、距離ももう少し欲しいところ。
人気にはなっているが、狙うべきはもっと先だろう。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 11:24| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

きさらぎ賞・回顧

やはり単勝が当たると嬉しいものですね。
今年に入ってからの馬券勝率には、ほぼ満足はしています
おまけで馬単も購入していたので、尚更でした。
しかし、いくら絞るとはいえ、この舞台設定で ダンビュライト を
切り捨てたのは、残念というか、さすが、私らしいと反省です。
そこで・・・・・・・
最近は当たってもやってなかった、久々の回顧記事。

◎アメリカズカップ 
思い通りの競馬が出来た事が結果に結び付いた。
道悪も良かったが、同騎手がデビュー以来乗り続けてきた事も。
ただ、予想でも言った事だが、マイルではやや足りず、かと言って、
これ以上の距離延長がプラスになるかというと、それは疑問。
今回の様な舞台設定が出来上がらない限り、ちょっと厳しいかも知れない。
つまり、これから先は狙い難いタイプなのではないかと思う。

○サトノアーサー
「この馬の評価を考え直さないといけない。」と、某専門家が言っていたが、
そこまでは必要無い様に思う。
今回は道悪と、この馬の欠点である、仕掛けてからの反応の鈍さがと、
この2つが大きな敗因だと思う。
道悪はまた話は別として、反応の鈍さが、春の大一番までに改善出来るか
否かは微妙で、それがクリア出来るとすれば、秋以降かな・・・とも。
力は世代上位とは思うけど、現時点では、今回同様に本命には出来ない。
メジロブライトの様な成長力があれば化ける可能性も。

とりあえず、この2頭の回顧のみで。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:32| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

東京新聞杯 & きさらぎ賞

土曜競馬は、両レース共に本命馬が4着という悪い流れ。
日曜メインで、この流れを変えたいものです。

まずは   「東京新聞杯」

小頭数となった上に、ある程度流れそうな面子構成。
どの位置からでも届く競馬になるだろう。

本命は、ロイカバード
マイルに舞台を切り替えてから、2走前は出遅れてリズムに乗れず敗退。
しかしそれ以外では崩れてはいない。
本来展開に注文が付かないタイプで、楽しみな鞍上に代わるのも好転材料。

相手候補には、久々のマイルを不安視した前走でアッサリ勝たれた、エアスピネル
この面子で小頭数なら嫌う理由が無い。

もう1頭選ぶなら、ブラックスピネル まで。

◎ロイカバード
〇エアスピネル
▲ブラックスピネル


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 ワイド


       「きさらぎ賞」

こちらも、8頭という小頭数。
圧倒的な人気を集める、サトノアーサー 以外は差は無いとみて良い。
敢えて一捻りしてみる。

本命は、アメリカズカップ
前走のG1では出遅れた上に外枠で余計な脚をかなり使ってしまった。
2走前の同距離では、前半やや折り合いを欠いた印象もあったが、
切れる脚がある訳ではないので、本質的には距離延長は好転と見るべきか。
まだ未完成の部分はあるが、この時期にしては完成度の高い馬体で、
パワーはあるタイプだと思えるので、先行からの粘りに期待したい。

相手筆頭格には、上記の サトノアーサー

他では、プラチナヴォイス 
キャリア1戦でも、センス高そうな、スズカメジャー

◎アメリカズカップ
〇サトノアーサー
▲プラチナヴォイス
注スズカメジャー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ダンビュライト

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 21:44| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱根特別 & 初音S

     「初音S」

◎ゲッカコウ



     「箱根特別」

どれもこのクラスらしく、また、このクラスでも確たる存在も不在
という、面子構成だけに、どの馬にもチャンスはある。

本命は、リノリオ
人気を集めた前走は、直線に向くや外から進路を奪われ、また不利を受ける等
自身の競馬が全く出来ておらず、度外視して良い。
実績の割に人気の無い今回こそ狙い目だろう。

対抗格の最右翼としては、ステイブラビッシモ

面白いところでは、近走末が安定してきた、ユウキチョウサン

1番人気程は評価してないものの、圏内は取れそうな コルコバード

◎リノリオ
〇ステイブラビッシモ
☆ユウキチョウサン
▲コルコバード


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 ・ 3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:07| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする