2017年02月26日

中山記念 & 阪急杯

仕事が思ったよりかかってしまい、今になりました。
時間が無いので、やや簡潔に。

まずは   「阪急杯」

シュウジ が圧倒的人気を集めている様に、レース幅が出てきた事や、
今の充実ぶりからすると、仕方ないにしても、前走お世話になったとしても
やや過剰人気気味なのは否めないか。

本命は、思い切って、テイエムタイホー に期待したい。
近走全く結果が出ていないが、今回はこの馬にとってベストの舞台。
老兵の一発に期待しようではないか。

相手筆頭格には、人気でも シュウジ
前記の様にレース幅に安定してきた今なら。

面白いところでは、好転舞台となる トーキングドラム

◎テイエムタイホー
〇シュウジ
☆トーキングドラム


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



        「中山記念」

GT馬4頭が集まった注目の1戦。
アンビシャス に リアルスティール の人気を集める2頭は
この面子中でも、最有力候補に挙げられても仕方ない存在で、
そう簡単に崩れる事は考え難い。
しかし、付け入る隙があるとすれば、本番は先ということか。
この2頭にとって、今年から格上げされた、大阪杯 が最大の目標と目論む。

マイネルミラノ が主導権を奪いそうで、一見スローとも思えるが、
有力勢も好位から早めに仕掛ける事も充分に考えられ、単純な前残りとは
考え難い。後ろからでも勝負になるとみる。

本命は、ツクバアズマオー
実績からすれば、重賞ウィナーでも、この面子に入るとやや見劣る。
しかし、目下の充実ぶりから考えると、この馬を一枚上手と取りたい。
コース巧者で、捲る競馬が似合う。
距離短縮は歓迎とは言えないまでも、上記の展開なら勢いも加わり、
逆転までも考慮する。

相手候補には、人気でも、リアルスティール と アンビシャス

ロゴタイプ もコース巧者と距離短縮は歓迎だが、海外帰り初戦と
いう事で、ここでの評価。

面白いところでは、 サクラアンブルール
この馬もコース巧者で、距離短縮は歓迎材料。
勢いもあり、圏内に入り込む余地はある。

◎ツクバアズマオー
〇リアルスティール
▲アンビシャス
注ロゴタイプ
☆サクラアンブルール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ネオリアリズム
次点評価というだけで、印が回らないという理由・・・。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 13:35| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

アーリントンC & 尼崎ステークス

まずは、     「尼崎ステークス」

◎シホウ
勝ちきれないとは思うが、中心馬として。


      「アーリントンC」

前にいきたい存在もいるが、およそスローで流れそうな面子構成。
しかし小頭数だけに、どの位置取りからでも届くレース。
ならば、展開よりも、その馬個体の能力の高さを見極めて考えたい。

本命は、ヴゼットジョリー に期待する。
暮の、GTでは、外枠から思い通りの競馬が出来なかった事も敗因だが、
この時期の大幅な馬体減が大きな要因だろう。
ゆったりしたローテから立て直してはきているハズ。
競馬が上手く、この面子中では完成度は高い。そして然程人気も無い。

相手筆頭格には、人気でも、良馬場で見直したい ペルシアンナイト

面白いところでは、ジョーストリクトリ
未知の距離になるが、むしろ距離延長でも良さそうなタイプ。
真価を問う一戦になりそうだ。

◎ヴゼットジョリー
〇ペルシアンナイト
☆ジョーストリクトリ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 そして ワイド

御来殿、ありがとうございました。
       



posted by 裕二郎 at 23:15| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

フェブラリーS & 小倉大賞典

土曜競馬は見るも無残な結末。
今週は今年最初の G1レースだけに幸先良いスタートきりたいものです。

まずは、 「小倉大賞典」  から。

本命は、マルターズアポジー
ロードヴァンドールの出方にもよるが、おそらく逃げるであろう
マルターズアポジー に絡んでいくとは思えない。
主導権を握るのは、マルターズアポジー とみて間違いない。
さすがに前走は厳しい内容で厳しい結果になってしまったが、
相手関係からすれば仕方ない事。この面子レベルなら上位は間違いない。

◎マルターズアポジー
〇ストロングタイタン
☆クランモンタナ
注ベルーフ



     「フェブラリーS」

オッズが示す通り、混戦模様。
実績馬の多くが、不安材料を抱えている為どの馬が勝ってもおかしくない。
一見スローにも思えるが、この舞台ではそれ程スローな展開にはならず、
差し、追い込みにも充分チャンスがある舞台である。

本命は、ノンコノユメ に期待したい。
近走やや不甲斐ない成績なのは、去勢明けも無いとは言えないまでも、
それよりも、距離等の適応舞台での競馬も少なかったのもある。
コーナーワークでのズブさはあるが、直線が長くタフなこのコースと共に、
距離短縮は歓迎で、ベストの舞台で巻き返してくれるだろう。

相手候補も難解だが、勢いのある、カフジテイク は有力。
距離延長は好転材料とは言えないが、上位は揺るぎない。

面白いところでは、ホワイトフーガ を抜擢。
馬体の成長もあるが、レース内容そのものにも成長がみられる。
実績面で劣るのは否めないが、上位を狙える力は備わっている。

もう1頭なら、人気でも舞台好転の ゴールドドリーム 

最内枠は気になるが、マイルへの対応力もある、サウンドトゥルー まで。

◎ノンコノユメ
〇カフジテイク
☆ホワイトフーガ
注ゴールドドリー
▲サウンドトウルー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複  及び ワイド

キルトクール は 他12頭。
人気を集める モーニン は近走迷走状態になっている。
まだ抜け出したとは思えず、このオッズは過剰人気と判断した。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:36| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

ダイヤモンドS & 京都牝馬S

まずは、  「京都牝馬S」

◎ナックビーナス・・・中心馬

展開に注文が付かない点も魅力だが、この距離での競馬も上手い。
実績はスプリント戦にあるが、この距離でこそ。


         「ダイヤモンドS」

ある程度流れそうで、消耗戦になりそうな面子構成。
本命は、プレストウィック に期待したい。
前走は敗れたとはいえ、マラソン競馬にも対応出来る事を証明した。
今回、前走よりも2キロの、アローワンスを貰い、どんな競馬を
見せてくれるのか楽しみな1頭。
上手く立ち回る事が出来れば、上位勢とも差は無い。

◎プレストウィック
○カフジプリンス
▲ファタモルガーナ
注アルバート


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 23:35| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

共同通信杯&京都記念惨敗回顧

見るも無残な結果となりました。
まずは、共同通信杯◎チャロネグロ
発馬後手はそれ程大きな影響は無かったものの、3コーナー手前から進出も、
直線は自らがヨレて進路が取れず、ペースダウン。
外に出してみたものの時遅しでそのままの惨敗。
もう少しやれると思ったが、まだレースになってない感。
ただもっとやれるだけの能力はあると思っているので、クラスが下がった時の、
距離延長でもう1度狙ってみたい。

勝った スワーヴリチャード は強い競馬ではあったが、この先大舞台で、
確たる存在になれるまでにはまだどうか?
繊細過ぎる感じで、何かひとつ違えば、アッサリ馬券外も充分ある評価。

京都記念 に関しても、スローには違いなかったが、
◎ミッキーロケット こともあろうに、こちらも発馬後手。
すぐに取り付き、直線はこの馬らしい脚で追い込んでくるも4着。
発馬後手よりも、この馬の欠点か、勝負処での反応が悪かったのも敗因。

人気を集めた、マカヒキ は調整不足の声もあるが、元々、こういう馬。
予想でも述べたが、スポットが狭いだけに、軸か連下の評価は出来ても、
頭勝負ではこれから先も狙い難い。

サトノクラウン は連覇ではあるが、本当に一皮剥けたのか、自信の内容。
理想的な競馬が出来た感。
思った以上に強くなっているし、先の大一番でもかなり有力だろう。

惑星候補に思えた、ヤマカツライデン は直線失速。
この展開でのこの結果は完全な力不足。

2つのメイン共に、今更ながら自身の予想力の無さが浮き彫りに
なってしまった反省を次に生かします。

御来殿、ありがとうございました。



posted by 裕二郎 at 23:02| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする