2017年01月29日

根岸S & シルクロードS

土曜競馬は、◎が4着という悪い流れ。
サムソンは溜め過ぎもあったかもしれないが、あのペースで粘れなかったのは
この先も厳しい。

気を取り直して、日曜メインへ。

まずは   「根岸S」  から。

純正なダートレースの1つなだけに、適正も重視しなければならないが、
それ以上に展開も重要。
差し有利が巷の見解も、今年はどうか?
どの位置取りでも、それ程優位は無いとみる。

本命は、ベストマッチョ
条件戦を勝ち上がったばかりで、3番人気はやや過剰な気もするが、
今回はそれは気にしないで考えたい。
以前にも言った事で、勢いのあるダート馬は人気でも買え。
ベストの条件に55キロで出走ならば控える手はない。

相手筆頭格には、エイシンバッケン
確実な末脚は魅力で、名手の奮起にも期待。

展開の有無関係なく確実な末脚が魅力の カフジテイク
距離短縮は好転材料で、人気でも嫌う理由は無い

◎ベストマッチョ
○エイシンバッケン
▲カフジテイク


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ボックスワイド


      「シルクロードS」

レース幅が広がった ネロ が人気になる事は否定出来ない。
ただ、そのネロを含め、全般的に確たる信用は持てない面子構成だけに、
やや波乱含みも有り得る

本命は、ラインスピリット
前走は58キロでも勝ちはしなかったが、3着と結果を出した。
レース展開にも幅広く対応出来る様になったのも魅力だが、
一番は、以前に比べて弱さが無くなり馬体が逞しくなった事だろう。
思い通りの調整が出来る事で、力を発揮出来る状態になってきた。

相手候補には、上記に挙げた ネロ

セイウンコウテイ や ソルヴェイグ も有力。

面白いところでは、以前もお世話になった、テイエムタイホー
この距離はやや短いもあるが、元々はこの距離で活躍していた馬。
舞台好転は間違いなく、全く人気が無いここで狙ってみたい。

◎ラインスピリット
○ネロ
▲セイウンコウテイ
注ソルヴェイグ
☆テイエムタイホー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 10:43| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

白富士ステークス

幾分寒さも和らぎ、過ごしやすくなりました。
ただまた寒波も来ると思うので、スタッドレスタイヤの購入を迷っています。

時間が無いので、簡潔に。

先行勢の存在が複数存在するものの、ハイペースは考え難い面子構成。
あまり波乱は考え難いので、先行勢の中から絞った勝負で。

◎サムソンプライド
〇マイネルラフレシア
▲サクラアンプルール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:59| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

AJC杯〜ダービー馬の復活! & 東海S

まずは、  「東海S」 から。

ここは、初ダート挑戦の、リアルインパクト に期待したい。
渋太い先行力は、ダートでも通用する。
こういうパターンでは通用しないケースが定石も、敢えて期待したい。

◎ラストインパクト
○アスカノロマン
▲グレンツエント



      「AJC杯」

クリールカイザーの出方にもよるが、ミライヘノツバサ との兼ね合いも、
平均ペースで流れそうな面子構成。
先行勢も早めに仕掛ける展開になりそうで、逃げ馬勢には厳しいか。

本命は、ワンアンドオンリー に期待したい。
神戸新聞杯以降、ダービー馬らしい競馬が出来ていないが、前走のJCでは、
キタサンブラックを追い掛ける展開でも、大負けはしなかった。
積極策と、調整過程を少し変えた事が功を奏したのかもしれない。
2頭が人気を集めているがどれも確たる存在とは思えず、この面子なら
上位進出も充分可能だろう。
おそらく今回は無理に前を追いかける事はしないと読んでるので、
中団から早めの進出で、差し粘りを期待したい。

相手候補には、人気でも ゼーヴィント
勝負処では確実な位置取りが出来る様になってきたのも成長力。

リアファル は出方次第も、この舞台は合う。

久々でも、 タンタアレグリア は力上位。侮れない。

◎ワンアンドオンリー
〇ゼーヴィント
▲リアファル
☆タンタアレグリア


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は ミライヘノツバサ
いつも応援している馬だが、展開的に今回は厳しい。。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:53| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

京成杯 & 日経新春杯

先週は風邪をひいてしまい、何も出来ませんでした。
インフルエンザやノロ、ロタも危険ですが、風邪も厳しいです。
こんなに何も出来ない状態にまでなったのは初めてでした。
皆様も充分気を付けてください。

今日は雪の影響で中京開催が中止。
高知でも、雪がチラついている程です。

さて、本題に。

土曜競馬は、6番人気◎クインズミラーグロ 3着で、
複勝とワイドでなんとか。
今年はそこそこの滑り出しなだけに、今日も。

まずは  「京成杯」 から。

まだまだ計り知れないものが多い3歳。
展開も読み難く、レースそのものを予測するより馬個体の能力と
完成度で勝負したい。
面子構成から、あまり波乱は考え難いと思われる。

本命は、2番人気ではあるが、サーベラージュ 
キャリア1戦とはいえ、内容はなかなか濃いものがあり、
レースセンスも高そうだ。
今日の面子中ならば、勝ち負けあっていい。

相手筆頭格には、マイネルスフェーン
既に7戦を消化しており疲れがどうかはあるが、勝負処では
良い位置取りまで進出出来ている上手さもある。

面白いところでは、アサギリジョー
前走は発馬後手で終始自身の競馬は出来なかったが、それでも。
発馬を上手く決めれば、面白い。未勝利では上のマイネルスフェーンを
破っている。

◎サーベラージュ
〇マイネルスフェーン
☆アサギリジョー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 及び ワイド


      「日経新春杯」

注目は、4歳になった、シャケトラ
格上挑戦の身でも、能力、競馬センスはこのクラスでは余りあるもの。
唯一挙げるとすれば、どちらかといえば、平坦コースよりも、急坂コース
の方が向いてると感じる。

展開では、ヤマカツライデン が主導権を握り、淡々とした競馬が予測出来そう。

本命は、モンドインテロ
重賞になるとまだワンパンチ足りないというか、今ひとつな感じは否めないが、
今日の面子なら、勝ち負け出来そうだ。それ位の力はある。
距離、コースと、守備範囲舞台が広いのも魅力で、今回はこういうタイプに
大いに期待したい。

相手筆頭格に、上記の シャケトラ

他では、主導権を握れる ヤマカツライデン も圏内。

菊花賞組の、ミッキーロケット や カフジプリンス も有力。

面白いところでは、レッドエルディスト
この距離ならば、このクラスでも勝負出来る。

◎モンドインテロ
〇シャケトラ
▲ヤマカツライデン
注ミッキーロケット
△カフジプリンス
☆レッドエルディスト


極端な波乱は望めそうにないだけに、買い方もよく考えたい。

御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 10:21| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

愛知杯

時間が無いので、簡潔に。

隊列はスンナリ決まりそうな面子構成。
ハイペースは考え難く、どう立ち回るかがポイントなら
先行勢で、内をまわれる馬に有利に働く。

◎クインズミラーグロ
〇プリメラアスール
▲マキシマムドパリ
☆アンジェリック


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 12:57| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする