2016年06月26日

宝塚記念

上半期最終G1の宝塚記念。
一昔前では、面子が揃わない等や、岡部騎手に至っては、「宝塚に出る馬はクズ」
とまで言わせたもので、盛り上がりに欠けたレースだったが、それは昔の話で、
近年豪華な面子が揃って春のグランプリに相応しい内容となった。

さて、今年の 宝塚記念。
上位人気を占める、ドウラメンテ と キタサンブラック。
実力実績共に上位は認めるが、このやや特殊色の強い舞台設では、
やや不安も拭えない。
主導権を握るのは、逃げても逃げなくても キタサンブラック。
差しの競馬でも実績はあるが、今回も2番手以下は考え難い。
その キタサンブラック はこれまで自身の展開に持ち込めた事での
実績が多く、他陣営も今回も同じレースをさせてくれるかどうか?
被せていきそうな先行勢も存在する事からも、厳しい展開になる。

本命は、マリアライト
コース距離共にこの舞台設定に最も適しているのがこの馬だろう。
どんな競馬にも対応出来、勝負処では必ずその位置にいる事が出来る
レースセンスもある。
持続力に優れる事も魅力であるが、今回外枠を引いた事も好転材料。
道悪はむしろ得意なタイプだが、道中は労せず馬場の良いところを
進める恩恵も味方してくれるのではないか。
強豪牡馬相手にも差がない事はこれまでの競馬で実証済み。
然程人気も無い事から、ここが一番の狙い時だろう。

相手筆頭格には、シュヴァルグラン
この馬も持続力には秀でたものを持っている。
距離適正という点では、やや短いものの、積極策なら勝ち負け出来る
力は充分に持っている。

他では、ここで ドウラメンテ の評価。

面白いのは復調気配の トーホウジャッカル
調教内容だけなら、抜群に見えた ワンアンドオンリー

コース巧者の サトノノブレス 
適正なら侮れない タッチングスピーチ まで。

◎マリアライト
○シュヴァルグラン
▲ドウラメンテ
☆トーホウジャッカル
☆ワンアンドオンリー
☆サトノノブレス
☆タッチングスピーチ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は キタサンブラック
上記の通り。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 08:12| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

函館スプリントS & ユニコーンS & イチロー選手

梅雨明けの地もありますが、高知では梅雨本番といったところ。
しばらくはジメジメとした鬱陶しい天候が続きそうです。
そんな中、素晴らしい記録を打ち立てた、イチロー選手。
ローズ選手の否定言葉も解らなくはないですが、敢えて言わせてもらうなら、
打者としては、また結論は出せないけどローズ選手の方が上かもしれませんが、
野球選手としては、イチロー選手の方が比較出来ない程、上かと思います。
こんな選手は、もう生涯お目にかかれないかもしれません。
末永く活躍出来るという事は日頃の鍛錬が出来ているという事と、
常に意識を高く持ち続ける事でしょうか。
私は、仕事でも、出来ないという言葉は使わない様にしてるし、
今でも使わない様にしてます。
出来ないと思った時点で何も生まれませんからね。
それでも、最近は年齢な事もあり、自身が弱くなっているなあ・・・と、
思う事もあります。ちょっと気を入れ直して微量でも、見習いたいものです。
余談が長くなりました。

さて、本題へ。

まずは    「函館スプリントS」

この時期らしく、確たる主役不在で、オッズをみても混戦。
なにがきてもおかしくない状況。
ここは個人的評価ではあるが適正重視で組み立てたい。

本命は、シュウジ
春の一連の競馬は、マイルCを目標にしていたと思われる内容。
当馬にとってはやや適正外での舞台だった為に、結果が残せなかった。
元々、スプリント適正の馬だと思っているので、距離短縮は大歓迎。
そこそこ人気は集めているが、迷わず狙ってみる。

相手筆頭格には、人気薄でお世話になった、アクティブミノル
洋芝適正もそうだが、この中でも主導権を握れる存在かもしれない。

他では、昨年の覇者である、ティーハーフ も適正舞台で復活も。

ローレルベローチェ は展開が向けば、上位もの評価。

面白いところでは、キャンディーバローズ
初距離にはなるが、適正は充分にあると思っている。
上手く立ち回れば、上位も。

◎シュウジ
○アクティブミノル
▲ローレルベローチェ
☆キャンディーバローズ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は レッツゴードンキ
この馬は、距離云々というよりも、展開次第。
ゆったりと自身のペースでない限り厳しいものがある事は、
これまでの内容で解る事。この舞台ではそれは望めないだろう。


      「ユニコーンS」

ここも、簡単には終わらない様な面白い面子構成。
少しの展開ひとつで、着順が入れ替わりそうで、難解なレースでも、
然程荒れる要素も少ない気がする。

本命は、クインズサターン
前走は面子レベルはさておき、なかなか内容の高いレースだった。
まだまだ奥もありそうで、この面子の中でどこまでやれるか楽しみな1頭。

相手筆頭格には、人気でも ゴールドドリーム

◎クインズサターン
○ゴールドドリーム


とりあえず、この2頭を中心とした馬券で組み立てる。

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 11:49| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

エプソムC & マーメイドS

土曜競馬は予想はアップしませんでしたが、馬券の方は少し購入。
しかしこれがまた全くかすりもしないという散々な結果。
気を取り直して日曜へ。


まずは    「 エプソムC 」 から。

先陣をきりそうな存在も、マイネルミラノ位でスローが濃厚な面子構成。
ならば、ここは単純明快に、マイネルミラノ を狙う。
距離短縮は望むところで、コース相性も良く主導権を握れるという
総てが好転する舞台で人気も無い。狙わぬ手はないだろう。

相手筆頭格には、人気でも ルージュバック

近走充実の、ロジチャリス も当然有力。

ラングレー は最内枠を上手く立ち回る事が出来るなら。

惑星候補は、展開は向きそうな復調気配の マイネルホウオウ

◎マイネルミラノ
○ルージュバック
▲ロジチャリス
注ラングレー
☆マイネルホウオウ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



     「 マーメイドS 」

ここも簡単に納まりそうにない面子構成。
アカネイロ に期待する。
前走は直線行き場を失くす不利で完全にスピードダウンをしてしまったが、
それでも立て直して大崩れしなかった事は評価に値する。
元々センスある馬で、内目の枠を活かせれば重賞のここでも上位進出
出来る力はある。

相手筆頭格には、シュンドルボン 

この2頭中心で。

◎アカネイロ
○シュンドルボン


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 23:28| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

 安田記念

圧倒的1番人気を集める、モーリス
実績もさることながら、このマイル適性という事では
まさに右に出る馬はいない。
この人気も当然ながら、唯一の不安は、海外遠征からの期間が短い事。
万全と言うのは少し物足りないのかもしれない。

しかし、他馬勢を見渡したところで、適性評価で敵う存在を
探すのはなかなか難しい。
2番人気を集める、リアルスティール は実績は認めるも、
マイルでの適性となれば、1歩後退の感は否めない。
力とセンスでどこまで迫れるか・・・といったところだろう。
イスラボニータ にしても昨秋の、マイルCSでは怒涛の追い込みを
見せ、3着にはきたが、空いた内に突っ込めた事が幸いしたもので、
この馬のベストは2000だと思っている。
2000前後の距離適性なら府中マイルでも通用するとはあるものの、
この舞台適性に優れた馬にはかなわないのも事実。

ならば、伏兵勢にもチャンスはあるのではないか。

本命は クラレント に期待したい。
実績にムラもある事から、人気の盲点になりやすいタイプではあるが、
ことマイル適性という事になれば面子中指折りに入るもの。
その舞台に合わせた競馬が出来る器用さも兼ね備えている。
昨年このレースで3着や過去の実績からすれば過小評価されていると
言わざるを得ない。
今回は、確たる逃げ馬の存在も見当らず、最内枠を引いた当馬が
思い切った逃げを見せてくれれば、昨年天皇賞でも直線粘っていた様に
そう簡単には崩れない。

相手候補には、上記の不安はあるものの、モーリス

サトノアラジン も、鞍上共々侮れない。

◎クラレント
○モーリス
▲サトノアラジン


馬券は、◎ 単 ・ 複
マルチの 3連単 そして 3連複 及び ワイド

キルトクール は リアルスティール

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 22:09| 高知 ☔| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

鳴尾記念

日曜の 安田記念 は一筋縄では納まらないと思っているので今から楽しみです。

でも、その前に、土曜メイン。
ここは然程荒れる要素は少なく、波乱を望むは難しい。
とりあえず、中心馬2頭のみ。

前走で ◎を打った、パッションダンス を引き続き本命に。
その前走は10番人気だったが、さすがにここは株を上げてきた。
それでも新潟コースにヒケを取らない位の実績があり、ここも。

距離短縮で本舞台に戻った、サトノノブレス が当面の相手。

ヤマカツエース や ステファノス の有力は間違いないが、

惑星候補を挙げるなら、メイショウナルト
単騎逃げが確実なだけに粘り込みも。

◎パッションダンス
○サトノノブレス
▲ヤマカツエース
注ステファノス
☆メイショウナルト


御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:40| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする