2016年02月28日

中山記念 & 阪急杯

土曜競馬は、9番人気◎ダンツプリウス が2着。
単勝こそ逃したものの、複とワイドだけで充分な勝ちで一応満足。
ここらで本当の復調としたいものだが・・・。

まずは   『阪急杯』

ポイントはこの距離への適正になる。
レッツゴードンキ が主導権を握りそうな展開だろうが、それを追う先行勢も
複数存在し、楽な展開にはならないだろう。
差しの馬にも充分なチャンスはある。

本命は、ブラヴィッシモ 
前走は最重馬体での登場となってしまい、追い出すもやや反応悪く5着。
それでも僅差まで追い詰めた脚は今回に繋がるものだと言える。
やや間隔を空けた方が良いタイプで、コース距離共にベストの
この舞台なら、巻き返しがあって当然だろう。

相手候補には、この舞台得意の ミッキーラブソング

オメガヴェンデッタ もこの距離ベストで圏内には。

◎ブラヴィッシモ 
○ミッキーラブソング
▲オメガヴェンデッタ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 と ワイド

キルトクール は レッゴードンキ
距離短縮は歓迎だが、ゆったりペースでの先行策でこそ持ち味。
やや厳しい流れが予想されるだけに、危険な人気馬にならないか。


        『中山記念』

この距離でのGTレースと言っても大袈裟では無い位の好メンバー。
しかしここも非根幹距離での適正が問われる舞台。
最大のポイントは、最強の2冠馬、世界でも注目の ドウラメンテ の扱い。
世代では抜き出たレベルで古馬と比較してもトップレベルである事は否定しないが、
故障明けの久々の上、この距離の上、先が目標であるならば他馬でも
今回に限っては付け入る隙はある。

2番人気の リアルスティール も久々も距離も然程問題は無いが、当馬も目標は先。

3番人気の イスラボニータ は多彩なレースへの対応力は見事ながら、
出遅れは別として、ややレース振りの下手さが目立つ様になってきた感がある。
これは騎手の影響もあるかもしれないが、敢えて挙げるならここが不安点。

もう1つのポイントは展開。
逃げ馬不在でスロー必至の面子構成だけに立ち回りの上手さと舞台適正を
最大の優先順位として組み立てたい。

本命は、レッドレイブン
正気の沙汰では無いと思われるかもしれないが、それも仕方ないかもしれない。
重賞では全くと言って良い程結果を残せていない。
しかし、休み明け、そして馬が違って見える程の得意なコースそして距離。
勝ち切るまでは厳しいかもしれないが、総てが好転材料になる今回を狙ってみる。

相手候補は1頭に絞らずに、
リアルスティール や アンビシャス 辺りを連候補に。
特にアンビシャスは久々が微妙だが、手の内に入れている鞍上が魅力。

イスラボニータ も圏内だが、ロゴタイプ は鞍上代わりがどうか・
田辺騎手自体は好感も、この馬に関してデムーロと比べれば・・・・。

面白いところでは、距離短縮は大歓迎の フルーキー
思ったよりは人気もしておらず、狙い時かもしれない。

◎レッドレイブン
○リアルスティール
▲アンビシャス
☆フルーキー
△イスラボニータ
△ロゴタイプ


馬券は、◎ 複勝 が本線。

キルトクール は ドウラメンテ
中途半端な扱いは失礼にあたる。どうせなら敬意を表して切り捨てる。

御来殿、ありがとうございました。


posted by 裕二郎 at 11:26| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

アーリントンC &  皿倉山特別

先週は、小倉メインは思った以上の配当の的中があったものの、
フェブラリーS は◎4着では・・・・・昨年になかなかGTが勝てない。
しかし、負け惜しみではなく、GTだろうが、条件戦だろうが、競馬は競馬。

まずは     『皿倉山特別』

◎スペキュレイター

長期休養後初戦も内容ある2着。コースも距離延長も好転条件で、
ここは中心とみて間違いない。
◎ 中心の馬券で組み立てる。


        『アーリントンC』

本命は、ダンツプリウス を狙う。
前々走3着とはいえ、4コーナーで他馬に寄られあわや接触しかけたが、
立て直しての追い出しのロスがあった。スムーズなら負けていない内容。
なかなか勝負根性もありそうだ。
前走はスローでの展開に恵まれた感もあるが、それでも直線の脚色は
鈍るものではなく、良く伸びていた。フロッグ視する必要も無い。
この時点では随分ナメられた人気になっているが、上位との差は
全く感じない。

相手候補も難解だが、人気処も上位にはきそうな気配。

単騎逃げの形に持ち込めば、シゲルノコギリザメ も面白い。

◎ダンツプリウス
○アーバンキッド
▲ボールライトニング
注レインボーライン
△ヒルノマゼラン
☆シゲルノコギリザメ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は パールフューチャー

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:17| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

フェブラリーS &

まずは    『小倉大賞典』

この距離への適正が最大のポイント
◎ネオリアリズム を中心に馬券を組み立てたい。


       『フェブラリーS』

圧倒的な人気を集める、ノンコノユメ
どんなレースでも確実な末脚とミドルペースで流れそうな展開が予想され、
そして例年よりもややレベル落ちな感の面子構成も拍車をかけている。
とはいえ、やはり追い込み脚質というのは大きなリスクを伴うのは周知の通り。
そのリスクの上に成り立つ1番人気を本命にするのはやや危険。

本命は、ベストウォーリア を狙う。
昨年はややスローな展開に折り合いを欠き、チグハグな競馬になってしまったが、
それでも3着は優秀だった。
上記でも挙げた様に、今年はややレベル落ちの上、昨年よりもハイペースが
望めそうなだけに、勝ち負けに持ち込める可能性は大きい。
使い詰めるよりも、間隔が空いたレースでの実績も良く、陣営もそこを解ってこその
今回の起用だろう。得意のマイルで、昨年の雪辱を晴らす。

相手候補も難解ではあるが、人気薄の タガノトネール
同舞台の、武蔵野Sでは、今回人気のノンコノユメにタイム差無しの2着。
1400〜1600までなら崩れない実績を持っており、先行しても
簡単にはバテない持続力も魅力だろう。なにしろ実績と勢いもあるのに
全く人気が無いところが最大の魅力だ。

他では、上記に挙げた 圧倒的人気でも ノンコノユメ

最大の惑星は、3年前の覇者、グレープブランデー
その制覇してからは不振続きも怪我等でしっかりと調整出来なかった。
しかし、ここ1年以上も大きな惨敗も無く、前走でも僅差の3着と結果を残した。
なによりも調教が抜群に良く見えた1頭で、3年前の再現の可能性も有りとみる。

◎ベストウォーリア
○タガノトネール
▲ノンコノユメ
☆グレープブランデー


馬券は、◎ 単 ・ 複
☆ の 複
マルチの3連複 及び マルチのワイド


キルトクール は モーニン
2番人気だが、距離延長のマイルでこの面子ではやや厳しい。
ホワイトフーガ も地方では実績はあるが、こういうタイプは
これまでに大一番では凡走するケースも多々。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 09:45| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

ダイヤモンドS & 京都牝馬S 

まずは  『ダイヤモンドS』 から。

冬のマラソンレースの1つで個人的には楽しみなレース
人気を集める2頭でも、確たる存在では無い。
昨年の覇者、フェイムゲーム も海外帰りで万全かどうかは不明。
タンタアレグリア は力は認めても、久々がどうでるか?
大丈夫ではあると思うが、どちらかといえば一叩きしてからか。
付け入る隙は充分にあるとみている。

マドリードカフェ を狙う。
芝に再転向してからは安定化した1頭。
切れる脚は無いが、好位からの力強い伸び脚はこの距離でも、そして
この面子レベルでも通用するだろう。

相手候補には、上記の タンタアレグリア と カムフィー まで。

◎マドリードカフェ
○タンタアレグリア
▲カムフィー


馬券は、3連複 及び ワイド

キルトクール は フェイムゲーム



       『京都牝馬S』

この舞台は得意とする、ベルルミエール を中心に勝負。

◎ベルルミエール
○ウリウリ
▲ウキヨノカゼ



御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 21:51| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

京都記念 & 共同通信杯 

ちょっと腰痛がきついので、やや簡潔に。

     『共同通信杯』

イモータル を狙う。
左回りに距離延長と好転する舞台設定で見直したい。

◎イモータル
○ハートレー
▲スマートオーディン



     『京都記念』

馬場がどの辺りまで回復?するかもあるが、展開が大きなポイント。
スローは必至な面子構成だけに、スズカデヴィアス を狙いたい。
前走はスローには落とせたものの、やや厳しいマークをされ粘れなかった。
直線急坂のコースより今回の様な平坦コースを得意としており、
自身のペースで主導権を握れそうおな今回は期待できる。
昨年は不調に泣いたが、復調気配と得意な舞台に戻る事で見直せる。

相手候補には、連勝中の ヤマカツエース
2連勝でのレベル的にはやや疑問も確実に力は付けている。
ある程度の位置取りも出来るタイプだけに、崩れる事は無いだろう。

他では、レーヴミストラル や タッチングスピーチ も圏内。

面白いところでは、小牧騎手に乗り替わりの トウシンモンステラ
乗り方次第ではもう少しやれてもいい。

距離と騎手に不安はあるが、ヒストリカル がどうか。

◎スズカデヴィアス
○ヤマカツエース
▲レーヴミストラル
注タッチングスピーチ
☆トウシンモンステラ
☆ヒストリカル


馬券は、◎○ 中心の馬券で組み立てたい。

キルトクール は サトノクラウン

御来殿、ありがとうございました。




posted by 裕二郎 at 10:52| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする