2015年10月30日

スワンS & アルテミスS

まずは   『スワンステークス』 から。

現状、フィエロ が圧倒的な1番人気になっている。
当日は少しは下がるだろうが、それにしてもやや過剰人気に思える。
取りこぼしがあるのも確かで、ここまでの信頼はおけない。
一見スローに思える面子構成も、ある程度先行するタイプもおり、
平均ペース辺りには流れそうだ。

本命は、ベルルミエール
この舞台では負けなしの3戦3勝と得意。
先行力を生かして進めるレース運びもこの舞台適正にマッチしているのだろう。
人気では1頭抜けているが、力的にはほとんど差が無く、どの馬が勝っても
おかしくはない。
ならば、高い舞台適正を持つ、この馬に投じてみるのも面白い。

相手候補の筆頭格には、コース巧者の サンライズメジャー
ベストはマイルで、目標は先になるかもしれないが、ここでも。
休み明けも問題なく、圧倒的人気を集める、フィエロ にも勝っている。

その、フィエロ はこの評価。

◎ベルルミエール
○サンライズメジャー
▲フィエロ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  そして ワイド



         『アルテミスステークス』

ここは、前走でもお世話になった、クロコスミア
早い時計勝負への対応がどうかだが、スピードも合わせ持っており、
勝負根性もある。この舞台と面子構成でも好勝負を期待したい。

◎クロコスミア

単 ・ 複


御来殿、ありがとうございました。

posted by 裕二郎 at 20:13| 高知 ☁| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

菊花賞。淀に響きわたる歓喜はアレグリアの強襲!

どの馬も初の長丁場という事もあり、確たるものが無く、混戦。
ハイレベルとは言われているが、それ程とは思えない。
どの馬も一長一短あり、どの馬が勝ってもおかしくない。
ポイントは展開。
先行勢が多く存在する面子構成だが、スピリッツミノル 以外は
積極的な先行策を名言していない。
スピリッツミノルの大逃げの可能性も高いだけに、そうなると先行勢多しとは言え、
全体的にはスローになりやすい。
しかし、先行勢には人気を背負った勢力もいる事から、ノーマークにはなり難く、
中盤から後半にかけて持久戦になると予測する。
ならば、単に前残りは考え難く、好位や後ろからでも届く展開になるだろう。

本命は、もう1度、タンタアレグリア
巷では、蛯名騎手の内枠実績が取り上げられてるが、それは騎手というよりも、
馬自身の力でのもの。
当馬の魅力は距離適正だけではなく、菊花賞という長距離でも軽い芝上でのスピードも
要求されるという点を備えているからという事。
ダービーでは位置取りが後ろ過ぎた為に大きく取りこぼしたが、元々は好位で
動けるタイプというのもこの舞台と予測した展開ならば必須条件。
長く良い脚を使える魅力もあり、今年のレベル間ならば上位は揺ぎない。
直線大歓声の中、、アレグリア の末脚が強襲する。

相手候補も難解だが、簡単に潰れそうな先行勢とも思えない、
その中からは リアファル を有力候補にする。
大外枠は歓迎とはいえないが、前走はフロッグでは無い事を証明してくれそうだ。

サトノラーゼン や リアルスティール は
この舞台で勝ち負けのイメージがどうしても沸かない。着候補までか。

掴み難いとこではあるが、ミュゼエイリアン の渋太い先行力は魅力。
スピードも兼ね備えており、鞍上の手綱捌きにも注目したい。

気難しいが、ベルーフ も集中力が持続出来れば上位も。

◎タンタアレグリア
○リアファル
▲サトノラーゼン
注リアルスティール
☆ミュゼエイリアン
☆ベルーフ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

キルトクール は キタサンブラック
血統背景云々よりも、この距離で我慢が出来ない感。
サブちゃんには悪いが、祭りはトライアルだけに限ってもらおう。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 11:54| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

富士ステークス

一見スローで流れそうな面子構成も、地力勝負になりやすい舞台で、
単純な前残り決着にはなりにくいパターンが多い。
クラリティスカイ が主導権を握りそうで、これまで距離延長でもある程度
対応してきた能力は高く評価しなければならない。
しかし、後ろから一気に来られるとモロい面もまだ残っている気もする。
最大の目標は先の話で、57キロのここで本気は考え難いが、
調子も持続出来るタイプだけに、ここでも格好はつけられそうだ。

中心に考えるは、グランシルク
春のマイルカップでは1番人気に推されたが、及ばずの4着。
力不足もあるが、展開も不向きもあった。
休み明けの前走は、ややチグハグな内容になったものの、狭い所から
追い上げた勝負根性もある。
切れ味や決め手勝負になれば分が悪いのは否めないものの、持続力勝負に
なりやすいこの舞台なら、勝ち負けまで持ち込めないか。
馬体増も成長面とみていいだろう。

◎グランシルク

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 07:33| 高知 | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

2015〜秋華賞

先行勢は数頭存在するものの、主導権を握るのは、レッツゴードンキ か。
ノットフォーマル にしても、シングウィズジョイ にしても、
テンから速い訳でも無く、無理には絡んでこないだろう。
レッツゴードンキ もそうではあるが、コーナーまでには主導権を握っているハズだ。
序盤はスローとはいえ、コース形態から、後続勢力も早めに仕掛けてくる事から、
内回りでも単に前有利とはいえない。
ただし、どの位置取りでも仕掛けるタイミングが難しく、後方の位置取りよりも、
ある程度の位置取りは必要になってくる。

本命は、ホワイトエレガンス
夏からにかけて力を付けた事もあるが、丸田騎手に代わってからのもの。
特に前走は直線坂のあるコースで、早目先頭に立ち敗れはしたものの、
次につながる内容は残せたのではないか。
実績からすれば有力人気勢には劣るものの、成長力と丸田騎手の思い切った
戦法で、白い大輪を咲かせる事を期待する。

相手候補には、これも成長著しい、トーセンビクトリー
奥深さは感じないが、舞台好転で上位は狙える。

ミッキークイーン は脚質と大外枠が不安。
しかし力はこの面子中でも1枚上。差し届かずは考えられるが圏内までなら。

他では、安定した末脚の クインズミラーグロ

秀逸な内容でトライアルを制した、タッチングスピーチ
元々期待されていた逸材で、ここでも。

◎ホワイトエレガンス
○トーセンビクトリー
▲ミッキークイーン
☆クインズミラーグロ
注タッチングスピーチ


馬券は、◎ 中心の 3連複 及び ワイド

キルトクール は レッツゴードンキ
早目の後続進出の展開では、距離も微妙なだけに厳しいだろう。

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 23:34| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

府中牝馬S

ケイアイエレガント が逃げ、それをミナレットが追う展開。
他好位勢も早めに仕掛ける事が考えられるだけに、後方組でも
充分届くレースになるだろう。

本命は、シャトーブランシュ
前走は後方から鋭い脚で差しきった内容も評価出来るが、元々自在性があり
どんな競馬も出来るタイプ。
休み明けに不安視されているが、極端な馬体重の差が無ければ大丈夫。
道悪も得意なだけに逆にここが勝負とみる。

相手候補も混戦で、主導権を握る ケイアイエレガント が筆頭格か。

他では、前走不利のあった、スイートサルサ と カフェブリリアント

距離は微妙も、レッドリヴェール まで。

◎シャトーブランシュ
○ケイアイエレガント
▲スイートサルサ
△カフェブリリアント
注レッドリヴェール


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御来殿、ありがとうございました。
posted by 裕二郎 at 07:28| 高知 ☀| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする